礼拝説教

Posted on by

「復活の驚き」マルコ16:1-8

 私たち人間にとって死というものは、避けることができません。「そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル9:27)とあるように否応がなしにやってきます。私たちは復活という救いを知って Continue Reading →

コメントなし

「葬りという悲しみ」マルコ15:42-47

 主イエスの葬り、ユダヤの一日は日没に始まります。翌日の安息日がすぐに迫り、亡くなったイエスの遺体を埋葬するには限られた時間しかありませんでした。アリマタヤのヨセフ、彼は有力な議員でした。ですからユダヤ人の手前、勇気ある Continue Reading →

コメントなし

「イエスの死、その時」マルコ15:33-41

「イエスの死、その時」マルコ15:33-41  マルコの福音書を読み進めてきて、いよいよイエスの死の場面です。十字架に架けられると人々はイエスを罵りました。そして、「十二時になったとき、闇が全地をおおい、午後三時まで続」 Continue Reading →

コメントなし

「十字架のみ苦しみ」マルコ15:16-32

「十字架のみ苦しみ」マルコ15:16-32  この箇所は十字架へと送られたイエス様の受けられたみ苦しみの箇所です。ここに出てくる人たちに私たちの姿を重ねて、みことばの迫りを聞きたいと思います。  兵士たちはイエスをからか Continue Reading →

コメントなし

「主とともに平和を生きる」1テサロニケ5:10-24

「主とともに平和を生きる」1テサロニケ5:10-24  8月は平和を覚えて祈る月です。戦後75年、生き証人が絶えようとしています。そこをくぐり抜けてきた人たちはその悲惨さを身に染みていますが、それが絶えたとき、同じ過ちを Continue Reading →

コメントなし

「あなたの王は誰か」マルコ15:1-15

「あなたの王は誰か」マルコ15:1-15  祭司長たちは夜が明けるとすぐにイエスをピラトのもとに連れ出します。ピラトが尋ねた問いは「あなたはユダヤ人の王なのか」でした。もし、そうならば、ローマに対する反逆罪です。イエスは Continue Reading →

コメントなし

「どれだけ頑張っても」マルコ14:66-72

「どれだけ頑張っても」マルコ14:66-72  イエス様の逮捕、その場でつまづいた弟子たちの姿は、表裏ある人の姿、暴力に訴える人の姿、困難に向き合えず逃避する人の姿でした。そして、イエス様の裁判、そこでは偽善を暴かた者た Continue Reading →

コメントなし

「裁かれて明るみに出たのは?」マルコ14:53-65

「裁かれて明るみに出たのは?」マルコ14:53-65  イエス様の逮捕劇、そこでスポットが当たっていたのは弟子たちの姿でした。この箇所では対極にある祭司長、律法学者、長老たちです。そこで、裁かれて明るみに出たのはむしろ彼 Continue Reading →

コメントなし

「イエスの逮捕」マルコ14:43-52

「イエスの逮捕」マルコ14:43-52  この逮捕劇、イエス様の態度は毅然としています。何のためらいも、戸惑いも、ブレの一つもありません。それは、すでにゲッセマネの祈りで勝利をなさったからです。一方、弟子たちにとっては「 Continue Reading →

コメントなし

「自分を捨てる闘い」マルコ14:32-42

「自分を捨てる闘い」マルコ14:32-42  ゲッセマネの祈り。イエス様が十字架へと向かう最大のヤマ場であり、最大の闘いの場です。この先、イエス様には、一つの迷いもぶれもありません。それは、このゲッセマネの祈りでの闘い、 Continue Reading →

コメントなし

礼拝説教:過去のすべての投稿はこちら