礼拝説教

Posted on by

「だまされるな!」コロサイ2:1-8

 パウロは2節にあるように、「この人たちが愛のうちに結び合わされて心に励ましを受け」る歩みをしていくこと、それこそ、パウロが苦闘していることですが、その妨げになっているものが入ってくる。その中でどのようにキリストにある素 Continue Reading →

コメントなし

「奥義であるキリスト」コロサイ1:24-29

 パウロは「 今、私は、あなたがたのために受ける苦しみを喜びとしています。」(24)と言います。それは、福音を伝え,教会に仕えるために受けている苦しみです。私たちは、ことがスラスラ、うまく行っているとき、恵みに感謝し、新 Continue Reading →

コメントなし

「土台を確かめよう」コロサイ1:21-23

 神は、21節にある「あなたがたも、かつては神から離れ、敵意を抱き、悪い行いの中にありましたが」という世界に「和解」を与えてくださいました。  第一に、22節の前半は、和解の手段です。「今は、神が御子の肉のからだにおいて Continue Reading →

コメントなし

「教会のかしらキリスト」コロサイ1:15-20

 15節から20節の御子の詩の後半、キーワードは教会、十字架の血、平和、和解です。前半の神のかたちとしての御子、創造から救いへと至る「間」が先の21節にある、「神から離れ、敵意を抱き…」という罪の結末の世界です。  罪に Continue Reading →

コメントなし

「御子キリストのbeing」コロサイ1:15-17

 パウロはキリスト者のアイデンティティー、その存在について語った後、私たちの贖い主である御子とはどのようなお方なのか、その告白を語ります。イエスは「主は救い」を指す固有名詞、キリストは救い主、油注がれた者、メシヤを指す称 Continue Reading →

コメントなし

「暗闇からキリストへ」コロサイ1:13-14

 ここはキリスト者のアイデンティティー、私たちがどんな者たちなのか、それを非常に短いことばで言い表したところです。あなたは誰ですか。私は誰ですか。その問いかけはとっても大切な問いかけです。生きる土台がそこにあるからです。 Continue Reading →

コメントなし

「あなたの祈り願いは」コロサイ1:9-12

 あなたは何を祈り願っていますか。別のことばで言えば、何を第一にしているでしょうか。主はマルタに問いかけたように、「あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一 Continue Reading →

コメントなし

「福音を本当に理解するとき」コロサイ1:6-9

 コロナの第5波の中、オリンピックが開催されようとしています。あるはずのワクチンがどこかで滞留している。感染を食い止めるには若者から打った方が早い、高齢者からということは死者を減らすためでしょう。しかし、政府の発表はおぼ Continue Reading →

コメントなし

「信仰と愛を与える神」コロサイ1:1-5

 神を愛する人たち、すなわち、神のご計画にしたがって召された人たちのためには、すべてのことがともに働いて益となることを、私たちは知っています。(ローマ8:28)。今年はこのみことばを掲げて、ヨセフ物語とピレモン書を読んで Continue Reading →

コメントなし

「よろしく!に込めた思い」ピレモン21-25

 この箇所は手紙の最後のあいさつ文です。  パウロは、「私の宿も用意しておいてください。あなたがたの祈りによって、私はあなたがたのもとに行くことが許されると期待しているからです」と言います。パウロにはイスパニアへ宣教する Continue Reading →

コメントなし

礼拝説教:過去のすべての投稿はこちら