礼拝説教

Posted on by

「まだ悟らないのか」マルコ8:1-21

 7つのパンで4千人が養われた奇蹟は、6章の5つのパンで5千人が養われた奇蹟と並行しています。違うのは一方がユダヤ人の間で行われ、もう一方が異邦人の間で行われたことです。それぞれ12のかご、7つのかごに余ったのは、ユダヤ Continue Reading →

コメントなし

「イエスはすばらしい」マルコ7:31-37

 ツロからシドン、デカポリス地方を通り抜けてガリラヤ湖へ来たイエスのもとに、「耳が聞こえず口のきけない人」が連れて来られました。イエスは「ご自分の指を彼の両耳に入れ、それから唾を付けてその舌にさわられ」、天を見上げ(祈り Continue Reading →

コメントなし

「天地創造の神」創世記1:1-2:3

 聖書は開口一番、はじめに神が天と地を創造したから始まります。「父よ、今、あなたご自身が御前でわたしの栄光を現してください。世界が始まる前に一緒に持っていたあの栄光を」(ヨハネ17:5)という祈りがあります。はじめにの前 Continue Reading →

コメントなし

「食卓の下の子犬でも」マルコ7:24-30

 舞台はツロの地方、異邦人の町です。休む間もないイエス様一行はそこでしばしの休みをとろうとされたのでしょう。そこに、「ある女の人が、すぐにイエスのことを聞き、やって来てその足もとにひれ伏した。」「すぐに」です。イエスの評 Continue Reading →

コメントなし

「人を汚すもの、それは内側から」マルコ7:14-23

 汚れときよめについて、イエスはパリサイ人、律法学者たちの形ばかりの偽善について糾弾しました。彼らは自分たちこそきよいという誇りのために周りを見下し、心頑なです。一方でイエスは群衆を呼び寄せて語ります。「聞いて、悟るよう Continue Reading →

コメントなし

「ハリボテの偽善」マルコ7:1-13

 人の定めるルールは相対的です。ある時代に正しいことが、必ずしも今に当てはまるわけではありません。神の戒め。それを人はどのように受けとってきたでしょうか。  ガリラヤのイエスのもとにエルサレムからパリサイ人たちと律法学者 Continue Reading →

コメントなし

「喜びの挨拶」マタイ28:1-10

 安息日が終わって週の初めの日の明け方、マグダラのマリアともう一人のマリアが墓を見に行きました。ゲッセマネの祈りの後からイエスの逮捕、裁判、十字架。女たちの心にも、弟子たちに心もみな暗やみが立ちこめたままです。女たちは朝 Continue Reading →

コメントなし

「父よ、彼らをお赦しください」ルカ23:32-43

 受難週を迎えました。イエス様のエルサレム入城、人々は「ホサナ、ホサナ」と喜び迎えました。それは、イスラエルをローマの圧政から救う期待でした。一方、イエスの与える救いは罪からの贖いです。「父よ、彼らをお赦しください。彼ら Continue Reading →

コメントなし

「逆風吹く中で」マルコ6:45-56

 この箇所は、イエスが湖の上を歩いて向かい風に舟を漕ぎあぐねている弟子たちのところに行かれるという奇蹟です。ここには、いったいどんな意味があったのでしょうか。  イエスは弟子たちを「無理やり」舟に乗り込ませて送り出したと Continue Reading →

コメントなし

「五つのパンと二匹の魚」マルコ6:30-45

 五つのパンと二匹の魚の奇蹟、続々と集まっている大群衆、そこにイエスさまが教えをしている間に遅い時刻になったという話です。群衆はそれこそ食べることや時間なんて忘れてしまうほど、イエスさまの教えを聞きたいと人々はここに集ま Continue Reading →

コメントなし

礼拝説教:過去のすべての投稿はこちら