コラム

Posted on by

事故の後始末は終わらない

 Fバプテスト教会を訪ねた後、原発周辺地域を訪ねました。広野火力発電所、福島第二原発、福島第一原発が約10km離れて海沿いに並んでいます。その間にあるに天神岬という高台の岬に立つと、川沿いに巨大な防潮堤が見えます。あぁ、 Continue Reading →

コメントなし

前に進む以外は考えない

 「あの日から、前に進む以外は考えないと、決めました」とは、Fバプテスト教会のS牧師のことばです。S牧師とは前々から少々のお交わりがあり、常々不思議に思っていたことがわかりました。こういう心構えで生きてこられたのかと。 Continue Reading →

コメントなし

聖霊変わらず、信仰奮い立たせる

 ペンテコステから始まった初代教会。使徒たちの宣教と力あるわざにエルサレムの指導者たち、長老、学者たちは怒りに燃えて迫害を始めました。ペテロとヨハネは牢に入れられますが、真夜中に主の使いがそこから連れ出します。牢に入れて Continue Reading →

コメントなし

翼の教会

 先週の月曜日、福島○○教会を訪ねてきました。震災翌年の2012年、県民クリスマスにS牧師を招いてお話しを伺いました。その前から、幾度かお会いする機会があったのですが、その場をいつか尋ねてみたいと思っていたのです。  震 Continue Reading →

コメントなし

何事にも時期がある

 春から初夏の季節、先週、ようやく菜園を耕しました。記録を見ると、畑をお借りして5年目です。そして、例年、このゴールデンウィークの前には耕し、その前後で夏野菜の植え付けをしています。その前だと、遅霜にやられることがあった Continue Reading →

コメントなし

なくし物をするって

 最近、なくし物をした人を見るととっても申し訳ないのですが、ちょっと嬉しくなります。ヒドイですね。ホントにゴメンナサイ。あぁ、自分だけじゃないって、スゴク慰められるのです。先日もある姉妹に「なくし物ってする?」と聞いたら Continue Reading →

コメントなし

献金の心得

 新しい年度が始まり、それぞれに主の御前にどのように生きるかを再構築していることでしょう。  私たちにとって何を大事にしているのかを表すものは、時間とお金の使い方です。礼拝を献げるということが一つの指標であり、献金を献げ Continue Reading →

コメントなし

イエスの涙と嘆き

 エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて、言われた。「おまえも、もし、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている。 ルカ19:41  イ Continue Reading →

コメントなし

権力という魔物と億タレ

 人が権力を手にしたとき、初めの思いからかけ離れた傲慢な人間に変わってしまうことは少なくありません。まるで国を世界を自分で動かしているような思いにとらわれてしまうのです。そして、誤りや過ちを詫びるという謙遜な態度をなくし Continue Reading →

コメントなし

なぜなのかよりもどうするか

 東日本大震災から丸7年となりました。私にはどうしてもぬぐい去れない思いがありあした。それは、「神様はどうしてこのような震災を起こされたのだろうか、許されたのだろうか」という思いです。それは、自然災害が起こる度に思うので Continue Reading →

コメントなし

コラム:過去のすべての投稿はこちら