コラム

Posted on by

喜びの知らせ〜アドベント〜

 毎年アドベントがやってきます。二千年の長きにわたって代々のキリスト者たちは救い主の現れを待ち望んできました。それはベツレヘムでの誕生であり、また、再臨の希望です。救いの完成を待ちわびているのです。  最初の知らせは野番 Continue Reading →

コメントなし

こどもクリスマス会

はじめての方もぜひ、おいでください!お待ちしています!

コメントなし

間違えて覚える暦

 先週はアドベントを一週間違えてアナウンスしてしまい大変申し訳ありませんでした。教会歴の多くは「移動祝日」で、毎年変わります。暦を意識することはあまりありませんが、間違いを機に、ちゃんと覚えておきたいと思います。  一番 Continue Reading →

コメントなし

時代の変遷と伝道(6)

 1995年はIT(Information Technology、情報技術)・デジタルの世界にとって大変革の年となりました。この年、Windows95が発売され、同時にインターネットサービスが使えるようになりました。それ Continue Reading →

コメントなし

こどもの成長を喜ぶ

 こどもは遊びの天才です。大人が「おぜんだて」したことなど、まったく意に介さず、思いついたことをそのまましちゃいます。後先を考えることもなければ、周りの目を気にすることもありません。夢中になっているときには時も忘れ、いや Continue Reading →

コメントなし

時代の変遷と伝道(5)

 日本の教会の成長は1995年頃を境に鈍化から減少に転じます。それは日本社会の衰退とも深く関わっています。1990年代はじめからの「失われた30年」とも言われる時代背景を考えたみたいのです。その中でも宗教界に大きな影響を Continue Reading →

コメントなし

イスラエルと終末

 今、イスラエルとハマスの戦争状態が続き連日ニュースを賑わしています。ウクライナ戦争も止まぬ中、背後にあるイランやサウジアラビアという中東の諸国とイスラエルを支援する米国、そのさらに背後にうごめくロシアや中国など世界大の Continue Reading →

コメントなし

時代の変遷と伝道(4)

 1960年代から1980年代、それは日本のみならず、大衆伝道という働きがされた時代でもありました。米国のビリー・グラハムを招いての国際大会は日本では1956年、1967年、1980年、1994年の4回にわたって開催され Continue Reading →

コメントなし

時代の変遷と伝道(3)

 1970年代、福音派の教会は宣教師たちの活躍によって大きく前進しました。ここ甲府でも3組、4組の宣教師たちが入れ替わり立ち替わり活動した時代がありました。1ドル360円の固定為替制が変動為替制に移行したのは1973年の Continue Reading →

コメントなし

時代の変遷と伝道(2)

 戦後のキリスト教ブームに続く1950-1960年代、それは日本の都市化、東京への一極集中と重なります。田舎から都会へと人は流れました。日本人の中には家(イエ)文化が深く根付いているように思います。ですから、イエを守り、 Continue Reading →

コメントなし

コラム:過去のすべての投稿はこちら