コラム

Posted on by

つまづきの事態

 前回、「アディアフォラ」という言葉を紹介しました。私たちの行動を考える上で大切な概念であることを学びました。しかしながら、二つの点において、アディアフォラはない。その一つが信仰告白の事態。もう一つがつまづきの事態です。 Continue Reading →

コメントなし

アディアフォラとは?

 アディアフォラ?聞き慣れないことばですね。聖書によって明確に命じられても、禁じられてもいないことで、個々の信仰者の良心と判断に委ねられている事柄をそう呼びます。元々は、ストア派の哲学者たちによって形成された概念で、善で Continue Reading →

コメントなし

ビジョン・パッション・ミッション

 修養会Ⅰで学んだことの復習です。前回は幾分消極的なことをまとめ直しましたが、積極的に考えることはこの3つ。どこか、私たちの視点は目の前のことだけに追われて、神のみこころの全体像をつかめていないことがないでしょうか。改め Continue Reading →

コメントなし

平和を祈る

 この夏で平成が終わります。30年前の昭和の終わりは、戦争と戦後の復興から高度経済成長という時代の一つの区切りであったように思います。平成の30年、バブルの崩壊とともに勢いのあったこの国は高齢化に向かい、産業の空洞化、か Continue Reading →

コメントなし

マンホールチルドレン知ってますか

 先日、T先生が新しい会を始められ、そのアッピールのために来てくださいました。極寒の地、冬になるとマイナス30度になるところ、そこでホームレスの人たちが暮らすのがマンホールの中なのです。マンホールの中というか共同溝にはラ Continue Reading →

コメントなし

日本の宣教、失敗の原因は?

 修養会ではH先生が「宣教の結実のために克服すべき課題」というテーマでお話くださいました。そのいくつかをここに書き留めて参加しなかった兄姉も一緒に覚えていただきたい、あるいは復習としてともに覚えておきたいと思うのです。 Continue Reading →

コメントなし

むしろ、思いやり、助け合い…

 豪雨や地震、災害がかつてより頻繁に起こるように感じます。果たしてどうなのでしょうか。気象庁の統計によると、Ⅰ時間に50ミリ以上の大雨が降る頻度は1970~80年代に比べて3割程度増加しているといいます。短時間で一気に降 Continue Reading →

コメントなし

オウム、あれは何だったのか

 オウム真理教事件、あれはいったい何だったのか。奇抜な選挙運動、まさか、あれで当選するとは誰も思いませんでしたが、おかしなのが出てきたなと思ったのはよく覚えています。ネット通販などなかった時代、パソコンを買うのに秋葉原に Continue Reading →

コメントなし

わずかな時間をかき集めれば

 先週の教会連合の全国総会で新たな仕事が一つ増えて、その時間をどう捻出しようかと頭を悩めています。50歳を過ぎてから、体力的に無理がきかなくなりました。40代のうちは、まだやれる。鍛え直せば若いときと同じにできる。そんな Continue Reading →

コメントなし

カミングアウト

 先週はダルクの皆さんに招かれて、「依存症セミナー」に参加させていただきました。依存症の経験者がそれぞれお話しをしてくださいました。アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、摂食障害、買い物依存症、またその家族。そ Continue Reading →

コメントなし

コラム:過去のすべての投稿はこちら