コラム:過去のすべての投稿

Posted on by

日本の宣教、失敗の原因は?

 修養会ではH先生が「宣教の結実のために克服すべき課題」というテーマでお話くださいました。そのいくつかをここに書き留めて参加しなかった兄姉も一緒に覚えていただきたい、あるいは復習としてともに覚えておきたいと思うのです。 Continue Reading →

コメントなし

むしろ、思いやり、助け合い…

 豪雨や地震、災害がかつてより頻繁に起こるように感じます。果たしてどうなのでしょうか。気象庁の統計によると、Ⅰ時間に50ミリ以上の大雨が降る頻度は1970~80年代に比べて3割程度増加しているといいます。短時間で一気に降 Continue Reading →

コメントなし

オウム、あれは何だったのか

 オウム真理教事件、あれはいったい何だったのか。奇抜な選挙運動、まさか、あれで当選するとは誰も思いませんでしたが、おかしなのが出てきたなと思ったのはよく覚えています。ネット通販などなかった時代、パソコンを買うのに秋葉原に Continue Reading →

コメントなし

わずかな時間をかき集めれば

 先週の教会連合の全国総会で新たな仕事が一つ増えて、その時間をどう捻出しようかと頭を悩めています。50歳を過ぎてから、体力的に無理がきかなくなりました。40代のうちは、まだやれる。鍛え直せば若いときと同じにできる。そんな Continue Reading →

コメントなし

カミングアウト

 先週はダルクの皆さんに招かれて、「依存症セミナー」に参加させていただきました。依存症の経験者がそれぞれお話しをしてくださいました。アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、摂食障害、買い物依存症、またその家族。そ Continue Reading →

コメントなし

依存症回復の12ステップ

 依存症回復の12ステップは1939年にAA(アルコホリック・アノニマス)が出版し、それから様々な依存症回復グループに広まったものです。 ●1.私達は○○に対して無力であり、生きていくことがどうにもならなくなったことを認 Continue Reading →

コメントなし

事故の後始末は終わらない

 Fバプテスト教会を訪ねた後、原発周辺地域を訪ねました。広野火力発電所、福島第二原発、福島第一原発が約10km離れて海沿いに並んでいます。その間にあるに天神岬という高台の岬に立つと、川沿いに巨大な防潮堤が見えます。あぁ、 Continue Reading →

コメントなし

前に進む以外は考えない

 「あの日から、前に進む以外は考えないと、決めました」とは、Fバプテスト教会のS牧師のことばです。S牧師とは前々から少々のお交わりがあり、常々不思議に思っていたことがわかりました。こういう心構えで生きてこられたのかと。 Continue Reading →

コメントなし

聖霊変わらず、信仰奮い立たせる

 ペンテコステから始まった初代教会。使徒たちの宣教と力あるわざにエルサレムの指導者たち、長老、学者たちは怒りに燃えて迫害を始めました。ペテロとヨハネは牢に入れられますが、真夜中に主の使いがそこから連れ出します。牢に入れて Continue Reading →

コメントなし

翼の教会

 先週の月曜日、福島○○教会を訪ねてきました。震災翌年の2012年、県民クリスマスにS牧師を招いてお話しを伺いました。その前から、幾度かお会いする機会があったのですが、その場をいつか尋ねてみたいと思っていたのです。  震 Continue Reading →

コメントなし

何事にも時期がある

 春から初夏の季節、先週、ようやく菜園を耕しました。記録を見ると、畑をお借りして5年目です。そして、例年、このゴールデンウィークの前には耕し、その前後で夏野菜の植え付けをしています。その前だと、遅霜にやられることがあった Continue Reading →

コメントなし

なくし物をするって

 最近、なくし物をした人を見るととっても申し訳ないのですが、ちょっと嬉しくなります。ヒドイですね。ホントにゴメンナサイ。あぁ、自分だけじゃないって、スゴク慰められるのです。先日もある姉妹に「なくし物ってする?」と聞いたら Continue Reading →

コメントなし

献金の心得

 新しい年度が始まり、それぞれに主の御前にどのように生きるかを再構築していることでしょう。  私たちにとって何を大事にしているのかを表すものは、時間とお金の使い方です。礼拝を献げるということが一つの指標であり、献金を献げ Continue Reading →

コメントなし

イエスの涙と嘆き

 エルサレムに近くなったころ、都を見られたイエスは、その都のために泣いて、言われた。「おまえも、もし、この日のうちに、平和のことを知っていたのなら。しかし今は、そのことがおまえの目から隠されている。 ルカ19:41  イ Continue Reading →

コメントなし

権力という魔物と億タレ

 人が権力を手にしたとき、初めの思いからかけ離れた傲慢な人間に変わってしまうことは少なくありません。まるで国を世界を自分で動かしているような思いにとらわれてしまうのです。そして、誤りや過ちを詫びるという謙遜な態度をなくし Continue Reading →

コメントなし

なぜなのかよりもどうするか

 東日本大震災から丸7年となりました。私にはどうしてもぬぐい去れない思いがありあした。それは、「神様はどうしてこのような震災を起こされたのだろうか、許されたのだろうか」という思いです。それは、自然災害が起こる度に思うので Continue Reading →

コメントなし

春のよろこび

 3月に入ってぐっと春めいてきました。教会の庭で春一番に花を咲かせるのは水仙とクロッカスです。不思議と毎年その時期になると花を咲かせます。早天祈祷会の朝6時も真っ暗だった冬の時期から少し明るくなってきました。先週は春の嵐 Continue Reading →

コメントなし

体温って36度?37度?

 先日、面白い話がでました。C先生が「日本人は37度になると熱が出た!って言うけれど、私の37度は平熱。A兄も37度は平熱って行ってたょ」と言うのです。その場に居合わせた日本人(笑)は、みな37度は平熱じゃないとみな口を Continue Reading →

コメントなし

教会の悩みと信仰と

 先日訪問した父の従兄弟から自身の属するO教会の50周年記念誌、80周年記念誌を頂戴しました。送ってくださったのです。ザッと目を通しただけでも、そこには長老・執事として記録に名前がずっと刻まれていることがわかりました。8 Continue Reading →

コメントなし

ファミリーヒストリー

 私の父には兄弟がなく、10歳の時に疎開先の東仙台で母を亡くしました。祖父は戦後、転勤願いを出して、そこで家族揃ったのですが、父子家庭になって傷心で東京に戻ってきました。それを支えたのは親類たちです。とはいえ、私にとって Continue Reading →

コメントなし

ファミリーヒストリー

 私の父には兄弟がなく、10歳の時に疎開先の東仙台で母を亡くしました。祖父は戦後、転勤願いを出して、そこで家族揃ったのですが、父子家庭になって傷心で東京に戻ってきました。それを支えたのは親類たちです。とはいえ、私にとって Continue Reading →

コメントなし

始めるは簡単、続けるは困難、乗り越える祝福

 「始めるは簡単、続けるは困難、乗り越える祝福。」結婚生活を続けているカップルなら、このことばの意味がよくわかると思います。結婚することは簡単です。それこそ婚姻届け一枚で結婚できます。しかし、それを続けることは容易くはあ Continue Reading →

コメントなし

始めるは簡単、続けるは困難、乗り越える祝福

 「始めるは簡単、続けるは困難、乗り越える祝福。」結婚生活を続けているカップルなら、このことばの意味がよくわかると思います。結婚することは簡単です。それこそ婚姻届け一枚で結婚できます。しかし、それを続けることは容易くはあ Continue Reading →

コメントなし

公同の教会、主の教会、私の教会

 私たちは普段、「教会」を意識するときには「自分の教会」を無意識のうちに結び着けて考えています。一方で、聖書に出てくる教会とは、「キリストをかしらとするからだ」として語られています。そこには、まだ見たことのない人たち、自 Continue Reading →

コメントなし

公同の教会、主の教会、私の教会

 私たちは普段、「教会」を意識するときには「自分の教会」を無意識のうちに結び着けて考えています。一方で、聖書に出てくる教会とは、「キリストをかしらとするからだ」として語られています。そこには、まだ見たことのない人たち、自 Continue Reading →

コメントなし

暗闇を嘆くより、ろうそくを

 「暗闇を嘆くより、ろうそくを灯したほうがいい」ということばを残して、M姉がボリビアに旅立って行きました。世界の惨状、暗闇、今のこの日本で暮らしていると実感に乏しいのが私たちではないでしょうか。そしてそれを見ても、肌で感 Continue Reading →

コメントなし

おめでとう

 新年の挨拶は「おめでとう」ですが、「めでたい」というのはどのような由来なのでしょう。メデイタシ(愛甚)、メデイタシ(愛痛・感痛)、メデ(芽出)タシ、目ダツラシ、日出タシ・女出(天の岩戸伝説より)などが考えられています。 Continue Reading →

コメントなし

天に積まれた宝

 年末になって召天の報せが届き、葬儀に参列してきました。長らくHi-ba(高校生聖書伝道協会)で高校生伝道の奉仕をしてくださったY先生、78歳。M先生の神学校の同級生で、ジャガちゃん、しょうちゃんと呼び合う仲だったと聞い Continue Reading →

コメントなし

イエスを迎える心

 最初にイエスをこの世にお迎えした人たち、それは、マリヤとヨセフの夫婦、野の羊飼いたち、東方の博士たちでした。そして、さらにシメオン、アンナです。  若いマリヤに告げられたのは。「神によって不可能なことは一つもありません Continue Reading →

コメントなし

惜別、S宣教師

 先週の日曜の午後、L宣教団のS宣教師召天の報せが入りました。インフルエンザ回復中、夕食の席で呼吸困難になり、そのまま召されたとのこと。水曜日に福音の家で葬儀が行われました。52歳私とほぼ同じ歳の先生の召天はとても大きく Continue Reading →

コメントなし

群れの意思と公同の教会

 教会連合の奉仕に長年携わり、「教会の自立と協力」というテーマについて、長く考えてきました。そして私なりの理解を持つようになりました。それは、どんなに小さな群れであっても、たとえそれが二人、三人という群れであっても、群れ Continue Reading →

コメントなし

次の世代に恵みを伝える

 昔から地方では、「子どもを優秀に育て過ぎると出ていく」と言われます。地方教会を訪ねると見事に若い人がいなくなって高齢者ばかりの教会がそこかしことあります。残念ながら地方には学校もなく、働き場もなく、都会に出て行ってUタ Continue Reading →

コメントなし

身の周りに気を遣う

 10月の全国教職者研修会のとき、「牧師の高齢化」という分科会に参加しました。私も発題をしたのですが、それは、高齢化の傾向とそれに対して、若い牧師を生み育てるということについての発題でした。一方、すでに70代の二人の牧師 Continue Reading →

コメントなし

新宗教と人の心

 新興宗教とも呼ばれる新宗教、それは幕末明治維新による近代以後に起こった比較的新しい宗教を言います。それらは多種多様な宗教を指します。その中でも1970年代以降に発展したのものは、新新宗教とも呼ばれます。  宗教学者の島 Continue Reading →

コメントなし

洗礼という出発

 今日は洗礼式を執り行います。主がここまで導いてきてくださった恵みをともに感謝しつつ、私たちがいただいている洗礼の意味を今一度確認しておきましょう。  教会には洗礼(バプテスマ)と聖餐の二つ聖礼典がであります。この二つは Continue Reading →

コメントなし

痛みを覚えるとき

 木曜日の午後、「あれっ」と思ったら傷みで肩が上がらない。物を持つのにも痛く、左腕が使えない。ドアを開けるにも、小さなカバンを持つことすら痛く辛い。一番不便なのは、クルマのシートベルトに手が回せない。痛いのはどうにもなり Continue Reading →

コメントなし

未伝地を覚えて、祈りによって

 今年の修養会は久しぶりに泊まりがけでの会となりました。兄弟姉妹とゆっくり共に時間を過ごすのもまた楽しいものですし、感謝なことでした。  S先生はOMF日本委員会、日本から送りだす働きの総主事をしておられます。L師はシン Continue Reading →

コメントなし

一つに集まることの意味

 先週は全国教職者研修会が行われました。北は北海道から沖縄まで、約180名の教職者が集まり、ともに交わり、研修を持つことができました。普段はなかなか顔を合わせることのできない先生方にもお会いし、励まし合うことのできたこと Continue Reading →

コメントなし

牧師の高齢化と課題

 今週、全国教職者研修会があります。そこで、私が依頼された分科会の発題が「牧師の高齢化」です。それは、12年ほど前に、牧師の高齢化や交代に関わることについての論文を私が書いていたからです。JECAの牧師たちの年齢分布、そ Continue Reading →

コメントなし

聖書信仰とは何か

 先日、西関東地区の役員研修会が行われました。そのテーマは「聖書信仰と役員」。聖書が役員について何と教えているのかということ、また、「聖書信仰」とは何か、それを見分けることの大切さについてともに学びました。  聖書信仰と Continue Reading →

コメントなし

一人一人が喜んで献げる人に

 先日の休暇中の礼拝は、兵庫県N市にあるS聖書教会の礼拝に出席しました。何の責任もない一礼拝者として主日の礼拝に出席したのはいつのことか、10数年、記憶がありません。それはまた、新鮮な気持ちで礼拝に出席しました。  この Continue Reading →

コメントなし

時代が変わりつつある

 先々週お伺いしたS聖書教会にはMハウスという施設があります。教会員が建てたアパート一棟をまるごと献げてくださったものです。高齢で行く当てのない教会員や様々な事情で必要を覚えてる兄姉のために用いられるように。主が必要を与 Continue Reading →

コメントなし

人殺しの言い訳

 先週、NHKで「本土空襲全記録」という番組が放映されました。私の父は3才のとき、東京大空襲のさなかにいました。唯一、覚えていることは母に負ぶわれ、空が真っ赤だったという記憶です。幼児の記憶はほとんどが消えていきます。残 Continue Reading →

コメントなし

平和への祈り

 8月の記憶は敗戦です。72年という歳月は世代が入れ替わり、すでにその記憶は遠く、立ち消えそうな灯火のようです。どうにかして平和を守りたい。私たちはそう願います。一方でことその視点を世界に移すならば、この72年間というも Continue Reading →

コメントなし

ともに恵みを受けるために

 それから、イエスは彼らにこう言われた。「全世界に出て行き、すべての造られた者に、福音を宣べ伝えなさい。マルコ16:15  これが、私たちキリスト者に与えられた世界宣教の使命です。シンガポールの短期宣教チームの兄姉がこの Continue Reading →

コメントなし

聖会の恵み、拡がる交わり

 先週、西関東地区の聖会がもたれました。2会場で合計180名くらいの兄姉が参加されました。聖会での恵みは、講師を通して語られるみことばに向き合うこともさることながら、新しい兄姉との出会いや交わりが与えられることです。   Continue Reading →

コメントなし

もうここにはいない

 先週、N兄の火葬をしました。前日、ようやく見つかったお兄さんが甲府に来られて警察で手続きをしてくださり、引き取りの手はずが整ったからです。亡くなってからすでに一ヶ月以上が過ぎました。  亡くなった日の当日、病院に駆けつ Continue Reading →

コメントなし

人生の後半戦

 聖学院大学の藤掛明先生の「人生の後半戦とメンタルヘルス」という本を読みました。私自身、後半戦に入っている。そして、その自覚を感じるこの頃、なるほどとうなずけることが多くありました。  「人生時計」というアイデア。自分の Continue Reading →

コメントなし

神の恵みをともに喜ぶために

 先週は、L宣教師を送り出してくださっているC教会のW師とT兄が訪問くださり、よき交わりをいただき感謝をしています。改めて思わされたのは、李宣教師がここ甲府、そして私たちの教会で働いてくださっているのは、師の献身はもちろ Continue Reading →

コメントなし

それでも生きている

 N兄の召天、いまだ葬儀ができずに、今日連絡があるか、今日連絡があるかと落ち着かない日々過ごしています。そして、心は寂しさ、悲しさ入り混じった思いをぬぐい去ることができませんし、自分はこうやって普通に過ごしていていいんだ Continue Reading →

コメントなし

弱さにこそ現れるやさしさ

 N兄が突然天に召されて、そのショックは大きく、受け入れがたい悲しみと寂しさに覆われていました。時間の経過とともに、兄弟姉妹と分かち合うことを通して、それも少しづつ受け入れられるような思いになってきました。それでも、葬儀 Continue Reading →

コメントなし

人のいのちの日は

 人のいのちの日は、たとえて言うならば、ローソクのようなものです。その始まりがあれば、必ず燃え尽きるときが来ます。それはみなよく知っています。誰もがそれを受け入れなければなりません。  私たちの目には、大きく、太く、長く Continue Reading →

コメントなし

N先生の思い出

 先週、N先生が先週、85才で天に帰りました。先生と初めてお会いしたのは、32年前のバイブルシャレー。私はM宣教師と一緒にキャンプが始める前のワークキャンプに参加してキャンプ場の整備をしました。先生と神学生だったI福音教 Continue Reading →

コメントなし

カラダの不思議と感謝

 「七転八倒」。このことばを使ったことは何度となくありますが、それは「たとえ」の話。あるいは心や思いの話。からだがそうなるとは思いもよりませんでした。右腹に激しい痛みが襲い、横になってもいられない。脂汗が滲み、のたうち回 Continue Reading →

コメントなし

母の日とカランコエ

 先週のこと、GWに私と家内と両方の両親を訪ねました。昨年は私の父が急な病気で2度の手術と2度の入院。今年は家内の母が手術のために入院しました。長い時間ではありませんでしたが、顔を見せること、一緒に時間を過ごすことは家族 Continue Reading →

コメントなし

引越しと持ち物と

 今春、昭和町におられたのF先生をはじめとして、親しい牧師たちが何人か新しい地での奉仕を始めた。それぞれに人生お大きな区切りを付けた先生たちがおられる。みな、その引越しに持ち物の整理を迫られた。子どもたちがそれぞれ家を離 Continue Reading →

コメントなし

走り抜いた生涯とわが身

 OMFの日本フィールド代表であったF宣教師が約1年の闘病を経て、先週25日に天に帰られました。52才の短い生涯でした。私と同世代、4人の子どもたちも同世代、生きた時代や家族が似ていることもあって、人ごとではないそんな思 Continue Reading →

コメントなし

動物を飼うススメ

 先日、獣医の先生とご一緒する機会がありました。その先生が動物を飼うススメをなさるのです。それは人より寿命が短い動物は必ず看取らなければなず、その死、看取りを通して人の死や自らの死について考えるからだと言います。犬の平均 Continue Reading →

コメントなし

「贖い」のしるし

 「贖い」ということばは、キリスト教だけで使われるいわば専門用語です。それは、他のどこにもない唯一無比のことだからです。  「贖い」は過越の出来事として覚えられることです。主はエジプト中の初子を殺されましたが、家の門柱と Continue Reading →

コメントなし

新しい春と人生の四季

 4月の春を迎えました。教会の庭に植えた杏の花が咲き、スモモの花が咲き、桜が咲き始めました。いのちの萌ゆる季節、私たちは季節の移ろいとともに新しい新鮮な思いをもって春を喜んでいます。「あぁ、四季とともに時を刻んでいるのだ Continue Reading →

コメントなし

アスパラと時を待って

 先週のこと、センターの庭にいただいた野菜の苗を植えるために少し伸び始めた雑草を抜き払い、土を耕して苗を植えました。すると、すでにこぼれ種から芽を出したミツバやパセリに混じって、アスパラガスの芽が出ているのを見つけました Continue Reading →

コメントなし

震災6年を覚えて

あの日、あの時から6年。 今も、あの揺れ、あの緊迫、忘れられない。 町中が暗く、長い夜を過ごして それでも、朝は明けていく。 日常のあたりまえのことがそうでなくなったとき、 いのちの危機を問われたとき、 何かをしなければ Continue Reading →

コメントなし

グリーフワークと時間

 スイス生まれの女医であるキュブラー・ロスは200人の末期ガン患者にインタビューを行い、「死ぬ瞬間」という本にまとめ、ベストセラーとなりました。彼女によると、ほんとんどの人が共通する5つの過程を通ると分析しました。第一段 Continue Reading →

コメントなし

奉仕をささげるとは

 奉仕分担の希望を出していただき、新年度の準備が始まっています。並べてみると目に見えるもの、見えないもの様々な奉仕を兄弟姉妹が負ってくださってはじめて教会というものが成り立っていることを覚えます。いつも私は思うのですが、 Continue Reading →

コメントなし

いっぽいっぽ進めば

 何年か越しで冬の八ヶ岳、主峰の赤岳に登ってきました。最後の冬山に登ったのはもう、28年も前のことです。実は3年前に登ろうと、錆び付いた登山靴の手入れをし、湯村山を登ってトレーニングをしていたのです。ところがあの豪雪でそ Continue Reading →

コメントなし

時を待つこと

 一年で最も寒いこの時期、春を待ち遠しく感じます。冬の時期、多くの植物は休眠します。落葉植物は葉を落とし、一年草の草花は種を残して枯死し、芽は生長を止めます。日が短くなり、気温が低くなることでその時期を見分けます。そして Continue Reading →

コメントなし

「救いは神のもの」1ペテロ3:17-22

 「もし、神のみこころなら、善を行って苦しみを受けるのが、悪を行って苦しみを受けるよりよいのです。」それは「いのちよりも大切なことがある。いのちをかける価値がある。」からです。また、キリスト者に与えられている救いが、この Continue Reading →

コメントなし

地域社会の中で

 11月のこと、東京板橋の教会の牧師夫妻を訪ねました。前々からお訪ねしたいと願っていたところ、会議の晚、時間が空いてお訪ねしたのです。教会の様子をいろいろお伺いしたのですが、「え~、そんなことがあるんですかぁ」という話を Continue Reading →

コメントなし

エピファニー(顕現日)

 もし、あなたがたが善に熱心であるなら、(1ペテロ3:13)のみことばを学んだ昨年、キリストの花嫁としての「あいうえお」という話をしました。「おっ」と驚く新鮮さを保つ。それは教会暦の様々な祝祭、その度、新たな励ましをいた Continue Reading →

コメントなし

クリスマスと年末と

 毎年、クリスマスが終わると年末、新年を迎える備えを大急ぎでします。ゆっくりと一年の終わりを味わうことができないのだろうかと思いつつ、それを繰り返しています。    K教会の牧師であったS先生がよく「百姓には百の仕事があ Continue Reading →

コメントなし

解決よりも大切なもの

 神であられるお方が地上に来てくださったのがクリスマス。イエス様の降誕です。そのイエス様が地上で受けられた最初の誘惑、それは荒野で受けた3つの誘惑でした。断食の後に石をパンになるように命じること。神殿の頂から身を投げてみ Continue Reading →

コメントなし

牧師が足りない?

 来春、年度を期に牧師の働きを退いたり、一つの区切りをつけて、他教会へ異動したりする準備をしている牧師・教会にとって11月というのは大切な月です。この時期にほぼその方向が定まっていないと次年度への備えができないからです。 Continue Reading →

コメントなし

米国が変わる?世界が変わる?

 世界の動きはで変わります。第二次世界大戦後の東西冷戦体制もベルリンの壁の崩壊とともにあっという間に崩れました。東欧の諸国の民族紛争、ジェノサイドという言葉に心痛めたのも私たちの記憶に残っています。アパルトヘイトで深い溝 Continue Reading →

コメントなし

8分に賭けるメッセージ

 先週は、E中学の二年生の朝のチャペルタイムで話をしてきました。年に2回ほどのことなのですが、その時間わずか8分。いつも時間の制約に不完全燃焼を覚えます。ゲストで来る牧師さんの話。それが心に留まること、わずかでも、人生の Continue Reading →

コメントなし

賛美の心と奏楽者の奉仕

 先週は、奏楽者研修会が行われてS先生から、様々なことを教えていただきました。その中から、そして、普段心に留めたいことも含めて、いくつかのことをお分かちしたいと思います。  まず、第一に賛美をささげるのには大きな歌で歌う Continue Reading →

コメントなし

教会は中身で勝負

 先日、修養会の時、S師をお連れしてほったらかし温泉に行きました。休日ということもあって、スゴイ人出です。駐車場には県外ナンバーの車がズラッと並び、入場券の券売機は長蛇の列、中に入ってみると脱衣場のかごは満杯、広い風呂も Continue Reading →

コメントなし

「TEA」を改めて考えた

 修養会では、S先生を通して、「神の期待される民」になるために、私たちが覚えるべきことについてみことばの説き明かしをいただきました。4つのメッセージをいただいた中で、私は先生がお話くださったTEAという私たちの人間理解に Continue Reading →

コメントなし

生活習慣病とその処方箋

 先週の長野山梨区域の聖会、K先生が大変分かりやすく、私たちが陥ってしまう教会の生活習慣病についてお話くださいました。生活習慣病というのは、今すぐ命に関わるような問題ではありません。どこかちょっと調子が悪いなぁとか、疲れ Continue Reading →

コメントなし

平均寿命と死、「生」の意味

 聖書には「人の齢は70年、健やかであっても80年」と言われます(詩篇91:10)。2015年の日本人の平均寿命は男女とも80歳を超えています。平均寿命というのは、その年に生まれた人が何歳まで生きられるかを示したもの。で Continue Reading →

コメントなし

災害時に最も必要なこと

 ここのところ、災害が増えたように感じています。それも毎年。今年は東北豪雨で記録史上初めての東北への台風上陸。それも迷走した台風でした。過去5年を追ってみると、 2015年、関東東北豪雨:茨城県常総市の水害2014年、広 Continue Reading →

コメントなし

段取りと片付けと心と

 昨日、婦人方が夏の大掃除をしてくださいました。きれいさっぱり整った台所、礼拝堂のカーテンや椅子のカバーの洗濯など、洗い物が乾きやすい夏の日、ご奉仕下さり、心から感謝しています。教会はそうやって多くの兄姉の奉仕の積み重ね Continue Reading →

コメントなし

今、この一点のみ

 ここのところ連日、オリンピックの競技から目が離せません。我が家で最も応援していたのは白井健三選手。なぜって、我が家のケンと名前が一緒。そして、どことなく、顔つきが似ているから。彼が決めたのは、跳馬の新技である「伸身ユル Continue Reading →

コメントなし

頂に至る道

 富士山に登ってきました。前回は28年前、雨霧の中。今回はピーカン。雲一つない快晴、日焼けがヒリヒリと痛いところです。さすがに世界遺産になって、その整備状況はとてもよくなりました。ゴミ一つ落ちていませんし、トイレはバイオ Continue Reading →

コメントなし

職人さんの知恵、急がば休め

 お医者さんのT兄に聞きました。「どうして患者さんと毎日接しているのにカゼや病気がうつらないのですか。」「気合いだよ、気合い(笑)。」病は気からと言いますが、私たち人のからだというのは不思議なもので、なすべき務めの使命感 Continue Reading →

コメントなし

牧師の継承のために

現在、JECAの牧師の平均年齢は60代前半、日本の平均はもう少し上のようです。しかも、ボリュームとしてはやっぱり団塊の世代が多いのです。あと5年後、10年後、一斉に牧師を続けられなくなり、次の牧師が起こされる祈りは急務で Continue Reading →

コメントなし

熊本訪問記(2)

 激しい地震の被害がでるところでは、普段の生活がストップします。私たちも雪に閉じ込められたときに経験しましたが、陸の孤島となると、物資の流通が途絶えます。私たち現代社会は物流社会です。生活必需品、それらのはいつでもどこで Continue Reading →

コメントなし

2年間の感謝

 皆さんに心からの感謝を申し上げます。先週のJECAの全国総会で私は運営委員長の働きを終えて、次の方にお委ねすることができました。この2年間、時間も心も多くの部分をそれに使わなければなりませんでした。それがゆえに教会員の Continue Reading →

コメントなし

熊本訪問記(1)

 「遠慮なく言ってください。訪問して励ましになるなら行きます。疲れていておじゃまになるようだったらこっちで祈っています」そうお伺いしての熊本訪問でした。  地震以来週に2回、3回と奉仕を続けている久留米聖書教会の渡邉英治 Continue Reading →

コメントなし

天気まかせ、季節まかせ

 桜の花でやってきた春はあっという間に行き過ぎて、初夏の季節がやってきました。教会の庭もセンターの花壇も、私の畑も放っておけば、雑草だらけになってしまいます。庭仕事、畑仕事は切りがありません。花を見たいし、収穫もしたい。 Continue Reading →

コメントなし

子どもたちのために祈ろう

 感謝なことに、ここのところ毎年結婚式があり、若い夫婦が教会に加えられました。その兄姉は両方があるいは片方がクリスチャンホームの育ちです。この教会での教会生活が30年を越えた私は思うのです。「あぁ、あのかわいかった子ども Continue Reading →

コメントなし

聖霊の「静と動」と「拒か従」か

 「聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。そして、エルサレム、ユダヤとサマリヤの全土、および地の果てにまで、わたしの証人となります。」(使徒1:8)これがイエス様の地上の最期のことばでした。また、 Continue Reading →

コメントなし

すべての結婚の原点は

 先週はI兄とW姉の結婚式が祝福のうちに行われました。私たちは恋愛・エロスによって世に生まれ、愛情・ストロゲーの愛によって育まれ、友情・フィリアの愛によって生きがいを見いだす。そういう者です。  夢のない話で申しわけあり Continue Reading →

コメントなし

ケアストーリーは突然に

 横浜での会議の帰り道、母から電話があり、「お父さんおかしいの」と言うではありませんか。大まかに話しを聞くと、脳外科の関連の病気らしいことがわかりましたが、耳が遠く電話での話が難しい母に説明するのも簡単ではなく、とにかく Continue Reading →

コメントなし

熊本地震その後

 地震発生から約1週間、現地ではいくぶん落ち着きを取り戻しつつあります。寸断されていた阿蘇・南阿蘇も道路が仮復旧して、孤立した場所はなくなりつつありますし、熊本周辺では物流も戻ってコンビニなどが機能するようになってきまし Continue Reading →

コメントなし

熊本地震の情報

 4/14(木)の地震に続き、4/16(土)熊本で大きな地震があり、余震が続いています。阿蘇市にある北島さんの実家は無事だったものの、周辺では大きな被害が出ています。親しい方が近くにおられる兄姉もおられるかもしれません。 Continue Reading →

コメントなし

死を見て、いのちを覚える

 先週、古くの教会員でありましたO姉のお母様Mさんが召されて、家族葬をしました。97才という長寿をいただいてのことでしたので、よくここまで生かされたとの感謝が、そして、それを看取ることができた感謝と安堵が、別れの悲しみよ Continue Reading →

コメントなし

球が走った、球が切れる

 先週、五味姉の企画でボーリング大会が行われました。考えてみるとイースターと何の関係もありません。でも、主にある兄弟姉妹が楽しみをともにすること、それもまた、神の家族としてよいことだなぁと思うのです。教会は勉強会でもなく Continue Reading →

コメントなし

中関東から西関東へ

 明日、JECA中関東地区の第25回総会が行われます。最大の議案は地区の分割です。中関東地区は東は茨城の水戸・那珂湊。そこから千葉・東京をまたいで山梨、そして松本に至る広い地域に46教会、6伝道所が交わりを持っています。 Continue Reading →

コメントなし

私の3.11、あなたは?

 2011年の東日本大震災、その前の年のこと、阪神淡路大震災で被災したS聖書教会のH牧師に「松村君、キミいくつ?」と聞かれ、「43です」と答えると、「ボクね、震災の時44やったから、今度はキミの番ね」と言われた。奇しくも Continue Reading →

コメントなし

あの時聞いた迫りを忘れずに

 今週、あの東日本大震災から丸5年を迎えます。激しい揺れの記憶、ニュースに流れた目を疑うばかりの津波の惨状、原発事故の緊迫した決死の作業、故郷を追われる人たちの悲壮、混乱する首都圏の様子や物流の停滞、暗く長い夜の停電。こ Continue Reading →

コメントなし

春を待つ心とイースター

 梅がほころび、暖かな日差しを感じるようになると「もうすぐ春!」と気持ちが前向きになりますね。「越冬」ということばがあるように冬を越すのは容易なことではありません。もっともその感覚は四季がある国だからのことで、赤道直下の Continue Reading →

コメントなし

牧師がやめるとき、変わるとき

 1月の終わりに香川の教会訪問をしてきましたが、その一番大きな目的は二つの教会の牧師招聘のサポートです。一つは無牧になったところに招聘、もう一つは牧師の交代。188あるJECAの加盟教会では、毎年十数人の牧師の辞任・招聘 Continue Reading →

コメントなし

香川の宣教と祈り

 四国4県の中で香川県は玄関口として、かつては宇高連絡線、今は瀬戸大橋で結ばれ発展し、その中心が高松です。戦後、極東福音十字軍の宣教師たちが山梨で活躍したように高松を拠点に香川県で宣教したのはTEAM宣教団、その中でもK Continue Reading →

コメントなし

うまくいかないとき、恵みの年輪

 先週の日曜日、我が家の台所の水道が凍り出なくなりました。それから月曜日、火曜日と最低気温がマイナス7.4度と記録的な寒さ。私は出張中でしたので、どうにもすることができず、こうしてああしてと電話で言うことくらいしかできず Continue Reading →

コメントなし

雪、神の創造のみわざの不思議

 今年も雪に悩まされる季節になりました。踏み固められて溶けて再び凍り、危険な雪、また、そのために雪かきをしなければならない面倒さと体力を奪う雪。やっかいなことばかりに思えますが、美しい真っ白な白銀の世界は心洗われるような Continue Reading →

コメントなし

ハレとケ、食と恵み

 私たちの国には季節に応じた年中行事があります。お正月から始まって、節分、ひな祭り、お彼岸、節句、七夕、お盆、秋の彼岸、七五三、冬至と大晦日、それに併せた祭りごと、その他にも春夏秋冬さまざまな文化をもっています。それらの Continue Reading →

コメントなし

毎日をまっさらに新しく

 「砂漠の知恵」(ヘンリ・ナウエン監修)という本があります。これは4~5世紀のキリスト教の隠遁者たちが砂漠(荒野)で祈りと断食の修道生活する中で語られたことをまとめたもので、それは修道院の中で語り継がれてきました。世間か Continue Reading →

コメントなし

思いに任せないことこそ感謝

今年のクリスマスは、その前から、熱を出し、体調がいまいちスッキリしないまま迎えました。人によって受け止め方は違うと思うのですが、私の場合、根を詰めてことをして思わぬケガをしたり、熱を出したりすることがままあります。子ども Continue Reading →

コメントなし

思いに任せないことこそ感謝の源

 今年のクリスマスは、その前から、熱を出し、体調がいまいちスッキリしないまま迎えました。人によって受け止め方は違うと思うのですが、私の場合、根を詰めてことをして思わぬケガをしたり、熱を出したりすることがままあります。子ど Continue Reading →

コメントなし

クリスマス考

 キリスト誕生の正確な日は誰にもわかりませんが、クリスマスの祝いは四世紀半ばからローマで12月25日に祝われるようになりました。ローマ人たちはこの日を「太陽の誕生日」として祝っていたことに関係しているという説が有力です。 Continue Reading →

コメントなし

世の光、主イエスの到来

 いったい自分はどこにいるのか、いつになったら出口が見えるのか、進んでいるのか戻っているのか、何が向こうにあるか、一歩先がどうなっているのかもわからない。暗やみでは何もわかりません。私たちにはどうしても光が必要です。   Continue Reading →

コメントなし

私の栄光、神の栄光、互いの労り

 先週、60周年の記念会をしました。様々な奉仕をしてくださった兄姉、ともに参加した兄姉、お疲れ様でした。心から一人一人に感謝を申し上げます。 スライドショーをして振り返ると、とてもすべてを網羅することはできません。あの時 Continue Reading →

コメントなし

教会の今昔、そして今

 キリストの教会、それはいつも「信じた者の群れ」(使徒4:32)です。そして、それは絶えず人の出入りがあります。新しく生まれた者、天に送る者、加わる者、送りだす者、一時を共にする者、長く交わりをつくる者、しばらく離れる者 Continue Reading →

コメントなし

子どもが分かるためには

 教会学校の子どもたち、毎週、主のいのりを祈るのですが、その意味がいまいちよくわからないまま、習慣のように唱えている。もう一度、子どもたちが分かることばで主の祈りを教えようということになり、私が3回にわたって、お話するこ Continue Reading →

コメントなし

建物の乱れは、使わないから

 「服装の乱れは心の乱れ」とか「部屋の乱れは心の乱れ」とはよく言われることです。私たちが生きていくということは、必ず、衣食住が伴います。そして、それは放っておいて保てるものではありません。絶えず、手入れが必要ですし、傷ん Continue Reading →

コメントなし

瀕死の民衆〜ヘボンの熱意

 今年はヘボン式ローマ字で知られるヘボン生誕200年です。調べてみると、彼はもともと医師。医療伝道を志して幕末に来日し、同じ志を持つシモンズとともに横浜で活動しました。バラやブラウンら同時期の宣教師たちとともに活躍し、横 Continue Reading →

コメントなし

パウロとテモテ、バルナバ

 先週の教職者研修会、牧会ととに北海道聖書学院の学院長の奉仕もくなさったY師が「神の協力者への警告と励まし」というテーマでメッセージをしてくださいました。その中で、若い頃、「あなたはパウロとテモテの関係を持ちなさい。バル Continue Reading →

コメントなし

片付けと祈りと頭の整理と

 「整理術」だとか「断捨離」だとか、モノがあふれる現代社会ではどのようにものを整理するのかというのは大きなテーマです。定期的に引っ越しでもすれば、その度にリセットがかけられるのかもしれませんが、明日やろう、明日やろうと思 Continue Reading →

コメントなし

教会の宝は人。顔と顔を合わせて

 先週は中部地区の13教会を訪問してきました。その教会には伸びている教会があり、一方でぐっと人が少なくなってしまった教会もあります。開拓伝道から長い時間が経っているのに一向に前進できないでいる教会もあれば、不思議と前進を Continue Reading →

コメントなし

JCFNの働きと信仰の継続

 Japnese Christian Fellowship Networkは海外で信仰を持ったクリスチャンをフォローするネットワークです。月曜日、そのカンファレンスに招かれて参加してきました。私たちの教会では五味姉、宮原 Continue Reading →

コメントなし

雨が降って洪水が押し寄せ…

 川の水、くるぶしの高さまでは比較的楽に歩けます。膝下になったら、歩くに難儀し、股下で精一杯、腰まで浸かったら立っているのが精一杯で、流れが速ければ流されます。プールの水とは大違いです。水の力の恐ろしさ、次から次へと止め Continue Reading →

コメントなし

文書伝道といのちのことば社

 戦後の福音宣教で大きな役割を担ってきた一つは「文書伝道」でした。「読み書きそろばん」は日本の教育のキホンのようにされてきました。義務教育以前にも寺子屋で学び、幕末期、武士はほぼ100%、庶民層でも50%前後が読み書きで Continue Reading →

コメントなし

松本平の宣教とJ師

 松本での宣教は1957年、TEAM宣教団のJJ師のお父様、CJ師によって始められました。最初の教会が松本聖書福音教会、その最初期の実の一人はI姉です。今は同盟基督教団に属する松本中央教会、豊科で始めた豊科聖書福音教会は Continue Reading →

コメントなし

西日本地区の教会と課題

 JECAの西日本地区の諸教会、西日本地区とはいえ、教会には偏りがあり、四国の香川と神戸・西宮の諸教会はTEAMの宣教師によって開拓されました。他は京都と広島、九州の福岡、熊本、宮崎に点在する教会が加盟しています。今回は Continue Reading →

コメントなし

壊れることは当たり前

 私は様々な修理をしますが、機械は必ず手入れが必要で、またヒューマンエラーが起こります。先日のこと、洗濯機の掃除をしました。分解して中の洗濯槽を外して水洗いするだけなのですが、台所のシンクの水切りや風呂場の排水口のような Continue Reading →

コメントなし

戦後70年、教会の課題(3)

 国体の基である神道の神と聖書の神を結びつけて神国日本と混淆するあり方として、他にあるものの一つが日ユ同祖論です。日ユ同祖論は日本人とユダヤ人が共通の先祖を持つ兄弟民族であるとうい説です。  それはすべて推測というか都市 Continue Reading →

コメントなし

戦後70年、教会の課題(2)

 聖書に従い、国体に従うというダブルスタンダードを持った戦時中のキリスト教会。教師たちはその統合をしようと試みます。1944年の復活節に教団は、「日本基督教団より大東亜共栄圏にある基督教徒に送る書簡」を発信します。その内 Continue Reading →

コメントなし

戦後70年、教会の課題(1)

 先月、JEA(日本福音同盟)の総会では、「戦後70年にあたってのJEA声明」を採択しました。そこで問うたことを説明加えてお話したいと思います。  戦争直前の1939年、国は宗教団体法を制定しました。その目的は宗教団体を Continue Reading →

コメントなし

福岡開拓伝道の報告と祈り

 JECAが1992年に設立されたとき、その願うところは宣教協力でした。まだまだ、宣教するべき場所、教会が届かない地に教会を建て、福音を宣べ伝える。JECAの大半の教会は宣教師たちの働きによって生み出された教会です。そし Continue Reading →

コメントなし

結婚式において大切なこと

 昨日はW兄とY姉の結婚式が祝福のうちに行われました。二人に申し上げてきたことでもあり、また誰にでも同じことですが、結婚式において最も大切なこと、それは神と会衆との前で誓約するということです。結婚の基はこの誓約にあるので Continue Reading →

コメントなし

失しものをしたとき

 いったいいままで何回失しものをしただろうか。そして、捜しものにどれだけの時間を費やしてきただろうか。むだな時間を過ごしてきたんじゃないだろうか。そんなことをときどき思うのです。  先日、S兄と登山をしました。こともあろ Continue Reading →

コメントなし

JEA(日本福音同盟)の役割

 JEA(日本福音同盟、Japan Evangelircal Association)は、聖書信仰に立つ福音的諸教会の交流・協力機関です。聖書信仰を育み、福音宣教の協力をなし、社会的責任を果たして、日本と世界における福音 Continue Reading →

コメントなし

JECAとペンテコステ

 使徒たちの宣教の始まり、そのスピリットは、「私たちは、自分の見たこと、また聞いたことを、話さないわけにはいきません」(使徒4:20)というものでした。イエスが与えてくださったご命令に従ったとか、そのための計画を練ったと Continue Reading →

コメントなし

原発事故が起こると

 昨日の新聞に「核燃料搬出19年度以降、カバー解体、多難の一歩、地元、飛散に不安」との記事がありました。福島原発1号機の建屋カバーの解体作業です。3号機の解体作業時には、飛散防止の液剤散布にごまかしがあって、一時的に放射 Continue Reading →

コメントなし

神に立たせられる牧師という務め

 今年も奉仕神学生を迎え、その研修と成長をともに担い祈ることができることを感謝しています。牧師になるということ、それはどのようにして導きを確認するのでしょうか。  「私、神から召しをいただきました。献身して牧師になります Continue Reading →

コメントなし

バンドン会議と平和

 先週22日、インドネシアの首都ジャカルタでバンドン会議(アジア・アフリカ会議)60周年記念首脳会議が行われました。国際外交には疎い私ですが、ジャカルタはフィデリア姉、バンドンはオクタ姉とフェブリナ姉の出身地。いままで関 Continue Reading →

コメントなし

福島中通りの汚染と反応

 前々から気になってはいたが果たせなかった福島訪問。神学校の同級生であるK牧師がちょうど一年前、何かできないかと移り住み、秋からは東北ミッションという小さなグループに属する福島聖書教会の牧師として奉仕を続けている。  東 Continue Reading →

コメントなし

一つの病、一つの事故、一つの死

 先週は、一つの病の報せ、事故の報せ、死の報せを受け取りました。  病は米国にいる友人のお嬢さん。二十歳にしてガンがリンパ節に転移していることがわかった、祈って欲しいという報せでした。ごくごく親しい友人というわけではあり Continue Reading →

コメントなし

春は一気にやってくる

 毎年、この時期に迷うことがあります。灯油をどのくらい買うか。うすら寒く感じている日もあれば、外に出れば汗ばむ日もある。春は一気にやってきます。そして、人の動きもまた急激な変化の時です。新年度が始まって、学校でも仕事でも Continue Reading →

コメントなし

バングラディシュという国

 インドの東に位置するこの国は大河ガンジス川とブラマプトラ川を合わせる河口に至るデルタ地帯に位置します。デルタ地帯は肥沃で水に恵まれています。人口の62%は農業に従事し、二期作、三期作をも可能にする「緑の革命」によって、 Continue Reading →

コメントなし

遠のく衝撃、愛は継続

 今週、震災から4年を数える。あの時の衝撃は日常を取り戻して遠のいている。一方で思い出すとよみがえってくる尋常ではない揺れ、次から次へと流れてくる被災状況。緊迫した状況の原発と決死の作業を続ける様子を見守った日々。続く地 Continue Reading →

コメントなし

ムードに流される日本人

 2月27日の朝日新聞のオピニオン。フィリピン人作家F.ショニール・ホセ氏のことば。  「日本人は不可解な存在だ。変化に向けてムードが変わるとすべてを受け入れる。国民的雰囲気とでもいうか。しかも一夜にして変わることがある Continue Reading →

コメントなし

いのちをかけるほどに

 後藤健二さんがイスラム国に殺害されました。世界で最も危険なところ。すでに何人もが人質となって殺害されている。どうして彼はそこへ行かなければならなかったのか。国はたとえ一人のいのちであっても最大限の努力をして国民のいのち Continue Reading →

コメントなし

生半可な信仰では

 「生半可な信仰ではやっていけません」とおっしゃるのはK福音教会のK姉。先週、問安した教会の一つです。東広島市黒瀬町。広島市中心から車で約50分の田舎町。JECAに最近加盟したものの、飛び地のように離れた場所にあるゆえ、 Continue Reading →

コメントなし

時代に動かされない結婚の基礎は

 毎年、成人の日に結婚家庭セミナーをしています。成人したら、一度は出て、聞いて置いてほしい話という趣旨です。私は奉仕の担当もあり、10年ほど毎年出ています。毎年講師は違っていて、そのカラーに違いは出るのですが、話の本筋は Continue Reading →

コメントなし

阪神淡路大震災20年、忘れない

 今週の17日(土)、阪神淡路大震災から丸20年を迎えます。あの朝、一番に飛び込んでいたのは神戸の街が燃える様子。倒壊する家屋、傾いたビルや高速道路の高架橋。私にとってはちょうどその2年前、新婚旅行で訪れた思い出の地、大 Continue Reading →

コメントなし

いつも喜び、絶えず祈り、すべてに感謝

 一年間、ともにこのみことばを掲げて歩みをしてきました。喜びとはギリシャ語のカイロー、挨拶、Greetingとも訳される言葉でした。心から喜んで、どんな人にも、どんなときにも挨拶を交わしてきたでしょうか。喜びとは独り占め Continue Reading →

コメントなし

あなたの王は?

 イエス様がお生まれになったとき、東方の博士たちがエルサレムに来たのは「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでになりますか」という問いでした。「それを聞いて、ヘロデ王は恐れ惑った。エルサレム中の人も王と同様」 Continue Reading →

コメントなし

冬を越すこと、喜んで働くこと

 南こうせつの「お父さん」という歌、こうせつさんが20代ののときに64歳の応援歌として作ったものです。  汗をかいたのでひと休み  薪割は疲れますね おとうさん  もうすぐ日が暮れる カラスが飛んでゆく  一番星光るまで Continue Reading →

コメントなし

ゴミ拾いが平和をつくる

 「ぼくの名前はヤン坊♪ぼくの名前はマー坊♪」で知られた『ヤン坊マー坊天気報』。そのメロディーに乗せて、次の文句を口ずさんでみてください。  「ボクの名前は環境♪キミの名前も環境♪ みんな揃って大掃除♪キミとボクとで大掃 Continue Reading →

コメントなし

とりなし祈ること

 修養会では水草先生がアブラハムがソドムとゴモラの町のためにとりなした箇所から私たちに委ねられた祭司の務めについてお話くださいました(創18章)。それはとりなし祈ることです。  ソゴムとゴモラの町はそれに先立ってメソポタ Continue Reading →

コメントなし

伝道とは伝えること!

 修養会では水草先生を通して、救いの全体像をもうひとたび確認し、キリストの三職とともに、私たちに委ねられた三職。その務めのそれぞれが大切な務めであることを覚えたことと思います。  その中でもとりわけ、私自身が示唆を与えら Continue Reading →

コメントなし

あなたの、あなたがたの目標は?

 私たちが「めざそう百人教会」と祈り求めるようになっておおよそ一年半、どのようにして前進できるのだろうかといつも考え、そして祈っています。誰かがやればいいと思っているうちは決してそうはならないでしょう。大切なことは、ひと Continue Reading →

コメントなし

M先生の紹介

 小海町、清里・野辺山から佐久に抜ける千曲川に沿って国道141号その中心にある人口約4,800人の小さな村、そこに小海キリスト教会があります。野辺山や川上村から佐久穂町まで周辺地域を含んだ南佐久郡の人口が2万6千人、そこ Continue Reading →

コメントなし

霊的戦いの前進基地、軽井沢

 避暑地・観光地として知られる軽井沢町。人口18,000人の町ですが、約15の教会があります。軽井沢の始まりは明治19(1886)年、カナダj人聖公会のA.C.ショー宣教師が最初に軽井沢を避暑地としました。欧米の宣教師た Continue Reading →

コメントなし

技術は誰のため、賜物は誰のため

 青色LEDの発明と製造法の開発により3人がノーベル物理学賞を受賞しました。LED電球は本当に多く使われるようになりました。街灯の蛍光灯が点いたり消えたり。そんな光景は珍しくありませんでしたが、この武田の町内も今年、すべ Continue Reading →

コメントなし

救いの分かれ目

 突然の噴火、そこには逃げる猶予もないまさに降って湧いた出来事、一瞬にして見る間にわき起こり迫る噴煙。犠牲者たちは雨のように降る噴石に打たれ、倒れ、噴煙に埋もれてしまいました。間一髪助かった人たちも、目の前で倒れる人たち Continue Reading →

コメントなし

人一人が救われる喜び

 先週、延ばし延ばしにしていた畑仕事、ようやく重い腰を持ち上げました。畑仕事の基本は土作り。よい土の条件は、1. 水はけがよく、2. 通気性がよく、3. 保水性がよく、4. 土壌酸度が適正で肥料分に富み、5. 病原菌や害 Continue Reading →

コメントなし

成長に感激、そして祈り

 先週、中関東地区の聖会が行われました。講師のメッセージも感謝なことでしたが、青年たちの成長に感激しました。  何人か、古くから知っている青年たちがいましたが、会うのが初めてだと思った青年たちが、「先生のメッセージ覚えて Continue Reading →

コメントなし

永遠に価値あるもの

 「老いとは、神様に一つずつお返しして、天に帰る備えをすること。」ある老姉妹の老いの定義です。人が老いを意識するのはいつくらいからでしょうか。肉体的なピークは25歳とはよく言われます。それでも、まだまだ成長できる、やれる Continue Reading →

コメントなし

なくちゃならない場

 「いっぽいっぽはここになくっちゃならないんだよ。」山田町の漁師Kさんの訴えです。震災から3年半、三陸は釜石と宮古の昼間に位置する山田町、震災前19,270人が暮らす漁村です。震災で4割強の家屋が全壊し、商店街はほぼ全滅 Continue Reading →

コメントなし

小さな大望を捨て、大志を抱け

 表題のことばは、ドナルド・E・ホーク、東京基督教大学(TCU)の前身である日本クリスチャン・カレッジ(JCC)の創立者であり初代学長の言葉です。  彼は母校、ホイートン大学で抱いた世界宣教の志をもってTEAMの宣教師と Continue Reading →

コメントなし

日々守られている感謝を

 この夏も各地で豪雨を記録し、広島では土砂災害で死者が39人、行方不明者は52人、1,700人が避難しています。災害発生時は72時間が被災者の生死を分けるターニングポイントです。救出時24時間以内なら約90%、48時間以 Continue Reading →

コメントなし

原発事故3年

 「ふるさとが恋しいって言うのは、年をとらなければわからねぇんだよ。」原発事故から避難生活を続けている福島県飯舘村の住人のことばです。若い世代は新しい場所で生活せざるを得ません。子どもたちを育て、糧を得なければ暮らしてい Continue Reading →

コメントなし

なぜ戦争を選んだのか

 敗戦から69年、平和を願う思いは誰も変わることはないでしょう。私たちの記憶に残っているのは、南方に散った若い戦士の命、空襲や原爆の災禍、激しい沖縄戦での戦死者、劣悪な生活事情、満州からの引揚者など、生活に密着した経験。 Continue Reading →

コメントなし

からだ休めて考えた

 それは、何か特別な原因があったというわけではないんです。ちょっとした拍子に「うわっ、来た」と腰に違和感を覚えたのです。いわゆるぎっくり腰です。たいしたことはないだろうと思っていましたが、徐々に痛みが増し、寝返りするにも Continue Reading →

コメントなし

アナと雪の女王

 話題の映画「アナと雪の女王」を観ました。アニメと侮ることなかれ。なかなかの内容でしたので、ちょっと紹介。原案はアンデルセンの「雪の女王」です。  アナとエルサの仲良い二人の姉妹。エルサには触れたものを凍らせたり、雪や氷 Continue Reading →

コメントなし

大切なのは調整

 先日、教会のピアノを調律していただきました。礼拝堂、遊戯室、センターの三台。それぞれ条件は違います。最も狂いの少なかったのは遊戯室。最も狂いの大きかったのは礼拝堂。実は調律、少々サボっていました。礼拝堂と遊戯室のものは Continue Reading →

コメントなし

JECAの機構改革と祈り

 JECAの第11回総会が行われました。その中での大切な審議の一つはJECAの機構改革です。その柱の一つは全国総会を代表代議員制にすることとです。JECAは発足以来、各教会から教職と信徒各1名が総会に出席して総会をしてき Continue Reading →

コメントなし

昼間のパパは光ってる

 糸井重里さんが作詞し、忌野清志郎さんが作曲して歌っていた「パパの歌」をご存じでしょうか。こんな歌詞です。  家のなかでは  トドみたいでさ  ゴロゴロしてて あくびして  時々ブーッとやらかして  新聞見ながらビール飲 Continue Reading →

コメントなし

JEAと聖書信仰

 日本福音同盟(JEA)は、聖書信仰に立つ福音的諸教会の交流・協力機関で、教団・教派・教会、伝道団体から約100団体が加盟しています。日本のキリスト教界の中で大きな団体は日本キリスト教協議会(NCC)です。NCCは広くプ Continue Reading →

コメントなし

インドネシアってどんな国?

 赤道直下に推計13,466の島嶼(とうしょ、大小さまざまな島)からなる国。日本は本土5島と6,852の島嶼です。東南アジアの国々は欧米の国々に比べてその姿を知る機会はあまり多くありません。しかし、人口は2億3千万人を超 Continue Reading →

コメントなし

あぁ悲し、根深き罪よ

 庭仕事で最も困難な仕事は樹木の抜根。根は樹を支え、水分を得るために大きく伸び、見える樹冠に比例して拡がります。教会のマロニエの樹、毎年、初夏の季節になるとピンク色の優美な花を咲かせ、目を楽しませてくれました。ところが昨 Continue Reading →

コメントなし

母の日に、ひと言の感謝を

 高校生以下の子どもがいる家庭に、親をどのように呼んでいるのかアンケートをしました(ベネッセ、2009年)。結果は4割が「パパ・ママ」、5割が「お父さん・お母さん」人前では「お父さん・お母さん」と6割が呼ぶそうで、TPO Continue Reading →

コメントなし

心を合わせてささげる

 祈祷会で学んでいるネヘミヤ記はエルサレムと城壁再建のストーリー。城壁の総延長は3.5km、わずか52日で再建を果たします。  彼らは42の部分に分けて修理します。多く修理した者もあれば、少ない分担もあったでしょうが、単 Continue Reading →

コメントなし

小さな畑で祈り考える

 今年、小さな畑を借りました。お隣さんに誘われたのです。O兄に「どうしたら、いい畑になるかなぁ」と訊くと、「よく耕すことさよぉ」と言われました。よい土、適切な肥料、雨と日光はお天気次第。そしてそれをカバーする経験と知恵。 Continue Reading →

コメントなし

天にある希望、ゆだねる平安

 山路越えて ひとりゆけど  主の手にすがれる 身はやすけし    松のあらし 谷のながれ    みつかいの歌も かくやありなん  峯の雪と こころきよく  雲なきみ空と むねは澄みぬ  「この歌、わかりますか」って聞か Continue Reading →

コメントなし

天にある希望、ゆだねる平安

 山路越えて ひとりゆけど  主の手にすがれる 身はやすけし    松のあらし 谷のながれ    みつかいの歌も かくやありなん  峯の雪と こころきよく  雲なきみ空と むねは澄みぬ  「この歌、わかりますか」って聞か Continue Reading →

コメントなし

「わかっているつもり」の話

 先日、話しをしていて説教のテーマがわからないという話を聞きました。ここのところ「信仰告白」について第一条から順にお話ししてきた「つもり」でした。毎回確認をして、今日はこのテーマだと話している「つもり」でした。ところが、 Continue Reading →

コメントなし

ワールド・ミッション

 世界がまだ小さかったとき、それは遠い昔の話ではありません。海外観光旅行が解禁されたのが1964年、オリンピックの年のことです。それからちょうど50年。ちょっと行ってくる、という感覚で往き来できる時代は私たちの時代になっ Continue Reading →

コメントなし

シンガポールってどんな国?(1)

 シンガポールってどんな国?シンガポールは東京23区ほどの面積の島国。人口は約550万人の都市国家です。赤道直下に位置するため一年中同じ気候、海があるので、最高気温はお31-32度前後で甲府より涼しい(笑)。  マレー半 Continue Reading →

コメントなし

震災3年と私たちのいのち

 表に現れにくく、口に言い表しにくいもの。誰かにわかって欲しいと願いながらも、うまく伝えられないもの。わかってくれるはずだと期待しながらも、裏切られてがっかりするもの。それが人の心です。  私たちの心を震撼させた東日本大 Continue Reading →

コメントなし

観測史上最多の雪と心

 14日、15日と降り続いた雪。教会の周囲は14日の夜7時頃、人がすれ違える幅までしっかり雪かきをし、明日の朝、ひとかきすれば大丈夫だろうと思っていたが、それからの雪の方がもっと多かった!観測を初めて120年で最も多かっ Continue Reading →

コメントなし

数えてみよわが栄光?リア充の誇り

 祈祷会では、エズラ記・ネヘミヤ記を学んでいます。70年の捕囚を解かれて故国の再建を導かれた民。その喜びと感謝はいかばかりであったことでしょうか。エズラ記2章、ネヘミヤ記の7章には帰還民のリストと総計が記されています。聖 Continue Reading →

コメントなし

阪神大震災19年に思う

 1995年1月17日、朝一で突然飛び込んできたニュースに驚愕した。街が燃えている。 2年前に訪れた美しい街が燃えている。  当時、私は建設コンサルタントで設計の仕事をしていた。駆け出しとはいえ、鉄筋コンクリートと基礎の Continue Reading →

コメントなし

自分の世界を確立するために

 ノーボーダー(NO BORDER)とは境界のない世界。カップラーメンのコマーシャルでいつも流れます。国境や民族、言語や慣習を越えてつながり合う世界への憧れを表しているのでしょう。現代はグローバリゼーションの時代だと言わ Continue Reading →

コメントなし

愛するための一工夫

 先日H兄が教会に訪ねてくださってゆっくりお交わりをしていました。「こんな時間になっちゃたね、家に電話いれておくよ」と取り出した携帯電話。なにげなく目に入ったアドレス帳を見てビックリです。奥様の名前のところ、「愛する○○ Continue Reading →

コメントなし

礼服とターバンを身につける

 御使いは、自分の前に立っている者たちに答えてこう言った。「彼のよごれた服を脱がせよ。」そして彼はヨシュアに言った。「見よ。わたしは、あなたの不義を除いた。あなたに礼服を着せよう。」私は言った。「彼の頭に、きよいターバン Continue Reading →

コメントなし

再臨を待ち望む

 私たちの人生は短いようで長く、長いようで短いものです。楽しみは一瞬、一方で悲しみ悩みに耐え忍ばなければならないとき、出口が見えない暗がりを歩んでいるとき、終わりないことには永遠と思うほどに長く感じます。そう、人はゴール Continue Reading →

コメントなし

歴史に学ばない強行採決

 「お父さん、おかしいでしょ!」何よりも自由が好きで、強制されることを嫌う息子、 「新聞読まないオレが、新聞読んでンだよ」 と秘密保護法案が衆院で強行採決された翌朝いったいどういうことかと問いかけてきた。  私の祖父の兄 Continue Reading →

コメントなし

ウソ偽りを捨てて誠実に

 欺きのはかりは主に忌みきらわれる。正しいおもりは主に喜ばれる。箴言11:1  食品偽装が発覚して食に対する信頼が大きく揺らぎました。産地を偽り、あるいは牛脂注入など加工した物を本物だと偽りました。問題は見ただけでは見分 Continue Reading →

コメントなし

心が動かない痛み

 フィリピンの台風被害。その規模は東日本大震災の津波に匹敵する。ところが、私の心は動かない。離れてしまうとそうなのか。身近な出来事には心揺さぶられるのか。狭い心の自分であることが悲しい。  死者は2,360人、負傷者は3 Continue Reading →

コメントなし

2030年、大人になったキミたちへ

 今は2013年、17年後、どんな時代になっているでしょうか。リニアが開業して盆地の南端を走っているでしょうね。使っていますか?便利になりましたか?インターネットが普及して今はスマホの時代ですが、もっと新しい機械を使って Continue Reading →

コメントなし

JECAの理念

 先月、JECAの全国教職者研修会を行い、委員長の奉仕をさせていただきました。テーマは「なぜJECAなのか~JECAの理念これまでとこれから」です。なぜJECAという交わりをつくり、交わりをしているのか、設立から20年が Continue Reading →

コメントなし

今日、何食べた?

 シンガポール人の挨拶は、「今日、何食べた?」だそうです。L先生が日本に来て不思議に思ったのは、みんなの挨拶は「今日はいい天気ですねぇ」だったり、「今日は雨降りそうだねぇ」だったりと天気のことを毎回口にすることだったそう Continue Reading →

コメントなし

敵か味方かを吹き飛ばせ!

 私にはここ3年来、モヤモヤとした思いがありました。「敵」と思えるような人がいました。震災時、私には大きな責任が委ねられていました。あらゆるところにアンテナを張り巡らして情報を集め、寝る間も惜しんでなすべきことが目の前に Continue Reading →

コメントなし

私たちの宝

 A姉は48才で脳出血をし、半身マヒと言語障害が残りました。介護が必要になったご主人と一緒にできたばかりの尚古園に入り、尚古園で信仰に導かれたN姉も一緒に3人で毎週送迎されて礼拝に集っていました。ご主人が召され、N姉が召 Continue Reading →

コメントなし

自分はどこに立っているか

 先週、全国の教職者研修会が行われました。全国、北は北海道の釧路から、南は沖縄まで約180人の牧師・伝道師・宣教師が集まりました。これを機に牧師の経験年数、年齢の統計を取りました。牧会経験10年までが1/3、20年までで Continue Reading →

コメントなし

ウサギがカメかではなく

 ウサギとカメの寓話は誰でも知っているでしょう。一般的にはカメのように、急がなくてもいいからコツコツとやり続けるならば、報われる、あるいはウサギのように自分は早いのだからとタカをくくるなということを教えていると理解されて Continue Reading →

コメントなし

反抗期と自立と葛藤と

 人の成長発達の過程で反抗期は二度来ると言われます。2~3歳頃の第一次反抗期と思春期の第二次反抗期です。最初のそれは自我の芽生えであり、自分でも覚えていない、なんでも「イヤ」、「自分で」と譲らない、親が忍耐を強いられる時 Continue Reading →

コメントなし

人生のすべてに諾と言うこと

 ポール・トゥルニエの「老いの意味」という本をしばしば読み返します。精神科医として多くの人と接してきた彼が見聞きし、考えてきたことには多く教えられることがあるからです。その中にこんな話がでてきます。  ある人が老人ホーム Continue Reading →

コメントなし

神から与えられた使命を明確に

~O栄光キリスト教会の場合~  7月に伺ったこの教会には、次のようなことばに言い表した使命があります。  「O栄光キリスト教会の使命は、主が再び来られる時まで、整えられた民を主のため に用意することです。この使命を達成す Continue Reading →

コメントなし

トイレの壊れたマンションは?

 原発はトイレのないマンションと例えられてきました。原発は核燃料を燃やして(核反応させて)お湯を沸かし、蒸気で羽根をまわして発電するという単純な原理で動いています。お湯を沸かすのに油を使うのは火力、羽根を回すのに水を使え Continue Reading →

コメントなし

当たり前のことには多くの労が

 先日、話題のIKEAという大型家具店に行きました。美しいコーディネートがされた部屋がショールームになっていて、こんなキレイな部屋に住めたらいいなぁと夢膨らませるような展示がしてあります。  新婚カップルがちょうど同じよ Continue Reading →

コメントなし

敗戦の日に祈る

 八百万の神々の国日本に生きる私たち、日本の神は氏神、先祖の霊を祀ることがその始まり、お盆の時期になれば、迎え火を焚き、送り火で送り出す。彼岸になれば「会いに行く」。また、国は天照大神から始まる万世一系の皇族とその臣民は Continue Reading →

コメントなし

ネズミも用いられる

 十勝産の小麦、豆類、乳製品、じゃがいもはよく知られています。北海道は苫小牧―千歳―札幌―旭川を結ぶライン上に人口が集中していますが、他に都市と呼べるのは、北見、釧路、網走、帯広で、10-20万人の地方中核都市です。帯広 Continue Reading →

コメントなし

何一つ無駄な経験はない

 K教会のI先生は親しくお交わりするのが初めての機会だったのですが、稀に見るバイタリティー溢れた先生でした。M教会出身、北海道聖書学院を卒業後、OMFの宣教師が開拓伝道を始めて4年、信徒が10人にも満たない状態でこの教会 Continue Reading →

コメントなし

ローランド・ビングハムの生涯(4)<スーダンを見ることは決してない>

 ローランドら3人はイギリスでも後援する宣教団を見つけることができませんでした。ならば、自分たちで作ればいい。彼らは自分たたちでスーダン奥地伝道団(SIM)と名付け、ゴーワンズ夫人が理事会となりました。  彼らはまずラゴ Continue Reading →

コメントなし

ローランド・ビングハムの生涯(3)<神が導く出会い>

 カナダへの移住したローランドは、農場に職を得、救世軍に加わり、路傍伝道にいそしみます。そこで、ジョン・サモンという著名な牧師に出会います。サモンはローランドの働きを評価し、そして、訓練を受けることを勧めるのです。自分の Continue Reading →

コメントなし

ヤコブとエサウ、なぜヤコブ?

ヤコブの家は火となり、ヨセフの家は炎となり、エサウの家は刈り株となる。 ・・・王権は主のものとなる。オバデヤ18, 21  早天祈祷会で読み進めている預言書。オバデヤ書にこのようなことばが出てきます。なぜヤコブの家は覚え Continue Reading →

コメントなし

協力宣教師への期待(1)

 来春から、L宣教師が主に学生伝道のための協力をしてくださることになりました。数年来の祈りと願いが答えられて感謝をするとともに、その働きのために今から祈り備えたいと思うのです。  宣教師と言えば、キリスト教国から福音未伝 Continue Reading →

コメントなし

ローランド・ビングハムの生涯(1)

 ローランド・ビングハム。彼は、SIMスーダン奥地宣教団(Sudan Inland Mission)の創始者。アフリカ奥地伝道に生涯を献げた主の働き人です。彼の伝記に触れる機会があり、その一部を何回かに分けてご紹介できれ Continue Reading →

コメントなし

安定か停滞か、不安か平安か

 5/16の朝日新聞のオピニオンにあった山下惣一氏(農民作家)のことば。「自然を相手にする農業は成長してはいけない。去年のように今年があり、今年のように来年があるのが一番いい。私たちはこれを安定といい、経済学者は停滞とい Continue Reading →

コメントなし

聖霊の導きは罪の悔い改めから

 日本宣教の現状は芳しくありません。過去5年、10年の約500教会の教勢の変化について調べる機会がありました。明かな傾向があります。会員数が200,300人の教会400,500人になっています。一方100人を超えてかつて Continue Reading →

コメントなし

「母親指標」と我が母と

 子ども支援の国際NGOセーブ・ザ・チルドレンでは、毎年、保健、栄養、教育、政策決定への参加など、世界165カ国の母親を取り巻く状況を評価した「母親指標」を発表しています。その評価の指標は次の15項目。  1. 産婦死亡 Continue Reading →

コメントなし

咲こう、ここで咲こう

 先日、山の中でひっそり咲く山吹を見て詩を編んでみました。 誰も見ていないけれど どこにも行けないけれど それでも、咲こう、ここで咲こう どこかもっと人目に付くところで きれいだねって言われたい そんな気持ちがないわけじ Continue Reading →

コメントなし

苗床になろう

 昨今、日本のキリスト教会では牧師不足と言われます。牧師の平均年齢は61.6歳、団体によっては5割以上が65歳以上という教会も少なくありません。いつの時代でも、何の組織であっても、次の世代を生み出さなければその組織は衰退 Continue Reading →

コメントなし

捨てることで考えた「選ぶ」こと

 K教会のS牧師が広~い家から小さな家に引っ越しをして物が収まり切らないと悲鳴を上げておられます。気がついたら私の家族も今の牧師館に10年。小学一年、幼稚園、2歳児だった子どもたちも高校生、中学生、それに小学生と生活も大 Continue Reading →

コメントなし

みんなで相談?任せて安心?

 新年度を迎えて、少し遅れて新しい奉仕の体勢を始めます。日頃から奉仕のために時間を、労をささげてくださる兄姉には頭が下がります。人がともに生きる場所では、様々な必要が出てきます。飲み食いから始まって、片付けや掃除。誰でも Continue Reading →

コメントなし

10年に思うこと

 私がこの教会の牧師になって丸10年が経過しました。この10年の間、兄姉が愛と忍耐と寛容とをもってともに支えてくださったことを覚えて感謝を申し上げます。  思うことにまとまりがついているわけではないのですが、第一に思うこ Continue Reading →

コメントなし

気力・起力・生力はどこから?

 朝起きるコツ。しなければならないことがある時、あるいは心浮き立つようなことがある時には、そわそわと必ず目が覚めるものです。一方でどうでもよい時にはだらだらと布団から抜け出るのは難しいものです。また、しなければならないこ Continue Reading →

コメントなし

徹底して赦す!

 父よ。彼らをお赦しください。  彼らは、何をしているのか自分でわからないのです。ルカ23:34  このことばはイエス様が十字架の上で言われたことばの一つです。  イエスの受難。闇夜の逮捕。大祭司カヤパの官邸で一夜のうち Continue Reading →

コメントなし

奉仕をささげるとは

 今教会では来年度の奉仕分担を申し出ていただいています。私たちが奉仕をするということは、キリストの器官として互いに賜物を献げ仕え合ってにキリストのからだを建てあげるためにあります。  まず誰にでも同じに与えられているのは Continue Reading →

コメントなし

完全を目指す途上人、旅人

 キリスト教会の中には「きよめ派、ホーリネス」という流れがあります。その起源をたどると18世紀のジョン・ウエスレーに遡ります。英国オックスフォードで彼はホーリー・クラブを始めます。日々の生活を規律正しく行い、メソジスト・ Continue Reading →

コメントなし

「あたりまえ」の人になろう!

見る、聞く、話す。 歩く、走る、登る、降りる。 つまむ、つかむ、離す、払う。 持ち上げる、運ぶ、積む。 読む、書く、数える。 足す,引く、掛ける、割る。 笑う、泣く、喜ぶ,悲しむ。 起きる、寝る。 食べる、排泄する。 せ Continue Reading →

コメントなし

ひとことでいいのです

 「人間が時間を節約すればするほど、生活はやせほそって、なくなってしまうのです」 ミヒャエル・エンデ  これは児童文学者のエンデが『モモ』という本をして問いかけた言葉です。私の友人の一人である吉川直美牧師が『ひとことでい Continue Reading →

コメントなし

みことばを口ずさむ

 祈祷会では第一歴代誌を読んで来ました。歴代誌の最後の何章かははダビデの神殿建設の準備の記事が細かに記されています。神殿建設は単に建物を建てることだけではありませんでした。祭司や歌うたい、門衛らを礼拝の奉仕のために組み分 Continue Reading →

コメントなし

会衆制と監督制、長老制?

 教会を導くためのリーダーシップを教会政治と言います。教会政治には大きく会衆制と監督制、長老制があります。わかりやすく言うと、会衆制は話し合ってことを決め、監督制は上意下達、長老制は長老たちによる合議に委ねます。教会と言 Continue Reading →

コメントなし

インサイダー?それともアウトサイダー?

 18年前の1月17日、私はアウトサイダーだった。神戸の町が燃えている。もくもくと立ち上る煙、無残にも倒れた高速道路の高架、一階がつぶれた市役所。どこも見覚えのある場所だ。ちょうどそれに2年先立って旅行で訪れていたからで Continue Reading →

コメントなし

心を、思いを、知性を、力を尽くして

心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』マルコ12:30  このみことばがちょっと気になって調べてみました。心と思いと知性と力。どう使い分けられ、何が違うのでしょう。旧約聖書で Continue Reading →

コメントなし

宝ものは何ですか?

 それを見た瞬間、私の心はすべて奪われてしまった。なんという輝き、なんという緻密さ。それでいて柔らかな曲線はどんな計算からも生まれてくるようなものではなく、一方で凛として力強い。こんなにも美しいものは生まれて初めてだ。そ Continue Reading →

コメントなし

「壊れる」ということ

 先日、中央道笹子トンネルの天井板が崩落する大事故が起こりました。私のような元土木技術者は、道路のこととなるといつも気になります。説明を聞けば、その背後の技術的なことがわかるだけに、これはえらいことが起きたと思うのです。 Continue Reading →

コメントなし

感謝の捧げ物をささげよう!

 教会役員 W  新年を迎え春になり、酷暑の夏が長々と続き、このままでは秋や冬が来るのだろうかと思われるような日々を過ごし、あっという間に今年も余すところカレンダー1枚となりました。この1年を振り返り、嬉しかったこと、悲 Continue Reading →

コメントなし

喜びの知らせ〜アドベント〜

 毎年アドベントがやってきます。二千年の長きにわたって代々のキリスト者たちは救い主の現れを待ち望んできました。それはベツレヘムでの誕生であり、また、再臨の希望です。救いの完成を待ちわびているのです。  最初の知らせは野番 Continue Reading →

コメントなし

ひとつのことに打ち込む幸い

 息子が六年生になり、六年間過ごしたスポ少を卒団しました。かつて野球やスポーツを始めるのはたいてい小学校高学年からと相場が決まっていましたが、今は少子化で人数が足らないスポ少は低学年からメンバーに入る子も少なくありません Continue Reading →

コメントなし

「かっこいい」と「もてたい」

 先日、友人とギターを始める理由について話題になりました。すると行き着くところはこの二つ。「かっこいい」か「もてたい」(笑)。おおよそ、男の価値観というものはそんなに難しくはありません。たいていのことはこの二つに集約され Continue Reading →

コメントなし

自分の足で立つ人に

 生まれたばかりの赤ちゃんは何もできずに生まれてきます。せめてできることといえばおっぱいを吸うということだけでしょう。保護され、世話をされなければ生きていくことすらできません。それが次第に自分でできることが増えていきます Continue Reading →

コメントなし

会計と教会の財布

 人がともに生きるということは、財布を一つにするということです。教会は、主のために皆で献げて、その財布を一つにするところです。聖書は十分の一を一つの基準として喜びをもって献げること、また互いの生活を共有して支え合うこと、 Continue Reading →

コメントなし

三位一体の神のかたちは

「本質における一致、行動における自由、 あらゆることにおける信頼」ということばの意味を先日来ずっと思い巡らしています。教会の本質を言い当てたことばだという紹介をしましたが、それは三位一体の神ご自身のお姿そのものであるとい Continue Reading →

コメントなし

一致と自由と信頼

 「本質における一致、行動における自由、 あらゆることにおける信頼」という言葉と出会いました。アリストテレスに発し、初期キリスト教会の原則となった言葉だそうです。もっともアリストテレスは教会以前の人ですが、教会の本質を言 Continue Reading →

コメントなし

手当たり次第何でも

 修養会では、藤本先生を通してサウルの生涯から学びました。神の霊が注がれたとき、彼は新しい人に変えられ、手当たり次第何でもしなさいと言われます。第一のしるしは彼は預言をしたときです。いわばペンテコステのときのように、特別 Continue Reading →

コメントなし

遺伝病と人のいのち

 N姉が会長をしておられる日本遺伝看護学会の学術大会に特別講演として招かれて、「いのちの尊厳~ひとりひとりの人格と向き合う~」というテーマでお話しさせていただき、皆さんとても真剣に耳を傾けて下さいました。講演の後、表皮水 Continue Reading →

コメントなし

短波ラジオ伝道〜アンデスの声

 インターネットの時代になってから放送やメディアの世界は大きく様変わりしましたが最も親しまれているのはテレビとラジオでしょう。音楽の世界ではCDが普及する以前、1980年頃まではFMの音楽番組は人気があって、若者は情報誌 Continue Reading →

コメントなし

老いてもなおみずみずしく

 先日、初めてキリスト教老人ホームのさきがけである筑波キングス・ガーデンを訪問しました。お交わりのあります姉妹が入居したからです。姉妹は稀にみる「スーパーおばあちゃん」でした。気力・体力ともに壮健、ご主人を送って12年、 Continue Reading →

コメントなし

豊かな命の条件は?と振り返る

 かれこれ30年以上も前になるでしょうか。教会で「友よ歌おう」という歌集がよく使われました。時はフォークソングの時代。ギター片手に若者が集まると必ずと言っていいほど歌われたものです。その中に「豊かな命の条件は?」という歌 Continue Reading →

コメントなし

何をするかよりも大切なこと

 夏休み中に娘と大学の説明会に行ってきました。その大学は、私が「もし、まちがって共通一次で120%の力が出てしまったら」受けようと思っていた大学(笑)。もちろん実力はそのまましかでないわけで、実力相応の梨大になりました。 Continue Reading →

コメントなし

一生懸命は素晴らしい!

 夏の高校野球が幕を閉じました。県大会から始まって、年に一度のチャンス。みんな懸命に投げ、打ち、走る姿、全力でぶつかる姿に心打たれます。オリンピックもそうです。晴れの舞台で全力で戦う姿は思わず応援する方まで力が入ってしま Continue Reading →

コメントなし

働き手のために祈ろう!

 学生クリスチャンセンターが建てられたのは1966年。すでに46年前のことです。宣教団は学生たちへの伝道を志しました。若い人への伝道によって宣教が前進するとの祈りと願いをもってのことでした。当時の写真などを見ると学生たち Continue Reading →

コメントなし

平和のために祈る

 「内閣総力戦研究所」という耳慣れない名を聞きました。開戦直前、平均年齢32才の各省庁や民間の若手実力者を集め、模擬内閣をして総力戦を想定したシミュレーションを繰り返しました。彼らは日米戦争日本必敗の結論に至りました。歴 Continue Reading →

コメントなし

夕暮れには涙…朝明けには喜びの叫び

 義兄の弟が先週の日曜、家族に遅れて教会に向かう途中、「あとで教会でね」ということばを残して交通事故で突然召されました。42歳という若さ、夫人と中一、小五、四才の3人の子どもたちを残して先に天に帰りました。夫人は「神のな Continue Reading →

コメントなし

九州豪雨後のために祈ろう

 7月初中旬の九州豪雨によって、福岡県にある久留米聖書教会のキャンプ場が被災しました。渡邉英治師からの情報をもとにまとめてみました。今回の豪雨は気象庁が「これまでに経験したことのないような大雨」と表現した雨の合計雨量はキ Continue Reading →

コメントなし

あいうえおの法則5「お」

 あいうえおの法則もいよいよ終わりです。いままでとはちょっと毛色の違う「お」は、「おっと驚くような、相手を喜ばせることを一ヶ月に一回、互いにしましょう」という勧めです。  私たちの毎日のほとんどは、同じことの繰り返しのル Continue Reading →

コメントなし

会話、対話、討論

 私たちは会話し、対話し、討論をします。劇作家の平田オリザさんが朝日新聞で日本人の言葉の使い方について興味深いことを言っていました。私たちの日本人としてのものの考え方、コミュニケーションについての理解を深めるに適切な表現 Continue Reading →

コメントなし

あいうえおの法則4「え」

 結婚に必要な「あいうえお」の「え」は「選ばれたことを忘れない。選ばれた最善を信じる」ことです。  私たちは日々、様々な選択をしています。何を食べるか何を着るかということから選択の連続です。そして、その選択がやっぱり別の Continue Reading →

コメントなし

あいうえおの法則3「う」

 結婚に必要な「あいうえお」の「う」は受け止め、受け入れることです。私たちはいつも幻想をいだいています。状況や周囲が変わればことは解決する。そして結婚関係、家族関係においても、相手が変わることを期待したり、変えようと懸命 Continue Reading →

コメントなし

ITはit、人格が触れ合うことを

 IT技術(information technology)には、人格がない。そこにはI , you, he, sheという人格(person)は存在しない。ITはitだ。  デイヴ・ペルザーの「ITと呼ばれた子(A Ch Continue Reading →

コメントなし

M先生の語る第一人称

 全国総会では、M先生が特別講演をしてくださいました。  初めてお目にかかりましたが、80歳にして知性と喜び溢れる、おちゃめなおばーちゃま(失礼!)。語ることばに惹きつけられました。その一部をご紹介します。  先生は空襲 Continue Reading →

コメントなし

キリストのからだである教会

 「教会は、キリストをかしらとするからだとして一つである。この祝福された事実は地上の教会のいとなみの中で告白され、証言されなければならない。」  これは日本福音キリスト教会連合(JECA)の規約前文にある教会連合の理念で Continue Reading →

コメントなし

何事にも時がある

天の下では、何事にも定まった時期があり、 すべての営みには時がある。伝道者の書3:1  時というものは不思議です。生まれてくる時代も場所も、家も親も兄弟も選ぶことができません。私たちは自分で選んだことよりも選択を迫られて Continue Reading →

コメントなし

あいうえおの法則2「い」

 大先輩の牧師が長い奉仕の中で、「いそがない、いばらない、いじけない」という3つの「い」を心がけてきたと語っておられました。この3つに共通することは、自分の思い通りにならない心からでてくることです。  物事が自分の思い通 Continue Reading →

コメントなし

霊の父と肉の母

 私が家を離れ、一人暮らしを始めてから、母は会う度、電話で話す度に「あんた、ちゃんと食べてる?今日は何食べた?」と必ず食べることを訊かれた。それは結婚するまで続き、結婚した瞬間、ピタリと止んだ。  そもそも、私の母は食べ Continue Reading →

コメントなし

あいうえおの法則1「あ」

 先日、結婚式の祝辞を依頼されました。だいたいスピーチの内容というのは、忘れられていくもので、覚えられることは少ないのです。今回は新婚の二人にぜひ覚えていただきたいと頭をひねって考えてみました。「あいうえお」でいこう!と Continue Reading →

コメントなし

地の果てまで福音を届ける

 九州訪問の旅の中で、宮崎のM教会と伝道所のK教会を訪問しました。宮崎は東国原前知事で有名になりました。日本の中のいわゆる地方の一つです。今回、九州をぐるっと約一周しましたが、福岡から熊本、鹿児島に至る西側は新幹線や高速 Continue Reading →

コメントなし

イエス様が天から来られたなら

 F聖書教会を訪問した折、一人の姉妹の証しを伺いました。その姉妹、しばらく教会から遠ざかっていました。声を掛けて下さる牧師が、新しい教会が始まるから行ってごらんなさいと励まして下さり、F聖書教会に来られ、教会員として加わ Continue Reading →

コメントなし

礼拝をいいかげんしない

 列王記には歴代の王たち、また国としてのイスラエルとユダのあり方が出てきます。その中で、「高きところを取り除かなかった」ことが度々記されています。なぜ、こんなにもそのことが強調して書かれているのか探られ、考えてみました。 Continue Reading →

コメントなし

復活の希望

 私にとってこの一年間ほど泣いた年はありませんでした。日本中でこれほど涙が流された年はこの近年なかったことでしょう。私はといえば、物が壊れていくのはショックでしたが、涙はでませんでした。一方、人の話しを聞いていると、その Continue Reading →

コメントなし

受難週を迎えて

 受難週、それは主イエス様が、最後の試みに遭われ、十字架の死を全うする、いのちを捨てる大きな悩みを受けられたことを覚える週です。それが誰のためであるのかを。  最後の晩餐で弟子たちの足を洗います。それは何のためであったで Continue Reading →

コメントなし

牧師を育てる、牧師が育つ

 一年間よい交わりをいただいた伊東神学生を送り出しました。牧師の務めとは何でしょうか。若い牧師も牧師であり、経験を重ねた牧師も牧師です。改めて考えてみましょう。  牧師の務めに「牧会」ということばが使われます。羊飼いが羊 Continue Reading →

コメントなし

カミングアウト

 先週はダルクの皆さんに招かれて、「依存症セミナー」に参加させていただきました。依存症の経験者がそれぞれお話しをしてくださいました。アルコール依存症、薬物依存症、ギャンブル依存症、摂食障害、買い物依存症、またその家族。そ Continue Reading →

コメントなし

詩と賛美と霊の歌をもって、互いに語る

 「酒に酔ってはいけません。・・・御霊に満たされなさい。詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。」エペソ4:18,19  私たちははひとりひとりが御霊に満たされて、それぞれ違う Continue Reading →

コメントなし

あくまで主に信頼する

 今、祈祷会では第二列王記を一章づつ読み進めています。イスラエルとユダという分裂王国時代の王の中には中途半端な歩みをする王がでてきます。イスラエルの王ヨアシュ(第二列王13章)もその一人でした。イスラエルは先代エホアハズ Continue Reading →

コメントなし

地に平和を、視野を拡げる

 水曜の祈祷会に国際飢餓対策機構(JIFH)の田村治郎主事が来てくださいました。4年ぶりのことです。昨年来、私の頭の中は震災で震われて、この国の復興を、教会の復興をと考え、祈る生活が続いておりました。お話しをお伺いして、 Continue Reading →

コメントなし

思いは見えるかたちで表そう!

 教会総会は私たちの教会にとって重要な会です。一年に二度、教会員一同で揃って主から与えられた使命を総点検し、思いを新たにするところだからです。とりわけ今回は、通常の予算案・行事案に加えて、中長期の「めざそう100人教会」 Continue Reading →

コメントなし

天国に近い病室

 先々週、H教会のM牧師からB兄が危ないとの電話がありました。もしもの時には知らせて欲しいと言っていたのです。血栓から足先にあざができ、それが足全体に広がって壊死が進み、足の切断をしなければならないかもしれないということ Continue Reading →

コメントなし

本と情報、混乱と識別力

 ジュンク堂書店が岡島に出店したと聞き、遅ればせながら覗いてみました。今風のことばでいえば「デカッ」。通販で本を買うことが増えた私はフロアを埋め尽くす本に圧倒されて思いました。「本って、たっくさんあるけど、読み尽くせない Continue Reading →

コメントなし

夫婦という異文化体験

 毎年、成人の日には結婚・家庭セミナーを行っている。今年はOMFの菅家宣教師夫妻に「夫婦という異文化体験」というテーマでお話しをいただきました。  1994年にご結婚されたご夫妻は、1995年にカンボジア・プノンペンに派 Continue Reading →

コメントなし

大人になること

 どうしたら人は大人になるのでしょう。どこが子どもと大人の境界線なのでしょうか。「実年齢マイナス10」と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。カラダや体力、容姿、あるいは気持ちがそうありたいと思うでしょうか。精神年齢がと言え Continue Reading →

コメントなし

毎日をまっさらに新しく

「師父ポイメンが師父ピオールについて語ったところでは、彼は毎日をまっさらに新しく始めていた。」  このことばは、4、5世紀、荒野で隠者として生きた人たちのことばです。彼らがそれを選んだのは、キリスト教迫害の時代が去り、と Continue Reading →

コメントなし

地に平和を!主よ来たりませ!

 今年はリビア、チェニジア、エジプトと北アフリカ諸国に内戦・革命が起こった年でした。また、8年9カ月に及ぶイラク戦争に終結が宣言されました。それに先立つ同時多発テロ、アフガン戦争、湾岸戦争は1991年。その年にソ連が崩壊 Continue Reading →

コメントなし

解決よりも大切なもの

 神であられるお方が地上に来てくださったのがクリスマス。イエス様の降誕です。そのイエス様が地上で受けられた最初の誘惑、それは荒野で受けた3つの誘惑でした。断食の後に石をパンになるように命じること。神殿の頂から身を投げてみ Continue Reading →

コメントなし

八重山という離島と宣教

 石垣島出身で早稲田大の総長をした大濱信泉(1891-1976)という人がいます。彼が残したことばに「人の価値は、生まれた場所によって決まるものではない。いかに努力し、自分を磨くかによってきまるものである」ということばが Continue Reading →

コメントなし

何を献げようか

 私の喜びであるイエスさま、今、宝の箱を開き、私の持っている最高のものをあなたに献げます。一つ、二つ、そして、三つ。 1.金。それはあなたが私たちを治める王であることのしるしです。金。それは私の富、財産、この世における所 Continue Reading →

コメントなし

陸前高田の叫び

 陸前高田市には一つだけ教会があります。1965年、森田牧師夫妻が、東北でひとつも教会がない市に開拓伝道するという重荷をもって、身一つで働きを始めた教会です。ゼロから何の支援もなく、主を頼りとしてご夫妻は始めました。   Continue Reading →

コメントなし

遠回りを見守ろう!

 私はコンピュータが好きです。若い頃は、なんだか機械に頼るようで好きではありませんでした。ですから、コンピューターを避けて、触らずに工学部を卒業しました。それでもそれはまだ計算機と呼ばれていた時代のことです。それがどうし Continue Reading →

コメントなし

女川の仮設住宅を訪れて

 今回の被災地訪問では、すでに支援の働きをなさっている石巻キリスト教会の伊藤牧師と女川の野ノ浜仮設住宅を訪ねました。この日は、ストーブや毛布などを支援物資を届ける働きです。  仮設住宅の区長さんにお会いし、集会所に荷を運 Continue Reading →

コメントなし

ホープみやぎの働き

 先週の訪問先の一つがホープみやぎ(塩釜聖書バプテスト教会)の働きです。この教会には厚木教会出身で、私が学生時代からOBCでともに奉仕した友人がいます。彼に言わせると、「うちの教会だいたい60人だけど、ただの60人じゃな Continue Reading →

コメントなし

どんぐりと夢

どんぐり どんぐりがたっくさん実っているのを見た。 この木全体でいったいいくつのどんぐりがあるのだろう。 百?千?万? これが地に落ちて、いったいいくつの木になるのか? ひとつだろうか、ふたつだろうか? あるいは今年じゃ Continue Reading →

コメントなし

ゆとりがない!「ムリ」ということばは?

 先週のある朝、鉄道員のおじさんと立ち話。「今、鉄道にはゆとりがない!だから、非常時、緊急時に対応できないんだ。」そして、「若いもんを育てなかったつけが回ってきた」と言います。  国鉄はJRへの民営化・合理化から新規採用 Continue Reading →

コメントなし

足腰を強くするために

 先週の月曜日、久しぶりに山歩きをしてきました。すると、足首周辺の筋が3,4日痛みました。完全な筋力低下で、ここぞ!というときに動けないと痛感しました。  震災直後から自衛隊は私たちが未だかつて見たこともない大活躍をしま Continue Reading →

コメントなし

続100名を目指しませんか?

 前回、週報に書いてから、先週の信徒会でこの趣旨についてお話しさせていただきました。教会員の兄姉が積極的にこのことを一緒に考えてくださって、心から嬉しく、主に感謝を献げています。とりわけ、「先生もいっぱい失敗しているけど Continue Reading →

コメントなし

神学校今昔物語

 1988年秋、私は初めて聖書宣教会の見学に行ってみた。学校と言うには程遠い古い木造の建物。それもそのはず、来年には取り壊して移転が決まっていたからだ。見学した一年生の授業は10帖ほどの教室というよりは部屋に5人の神学生 Continue Reading →

コメントなし

年輪が語ることに耳を傾けて

 からだのあちこちが傷み始めて、自分が中年ということをいやでも認めなければならなくなった今、でも心だけは若い日のままでいるつもりです。ところがお年寄りの話しを伺っていると、みな同じことを言うのです。 「18のとき、少年の Continue Reading →

コメントなし

突然ですが100名を目指しませんか?

 私は、牧師になって以来、数での目標を掲げたことはありません。なすべきことが導かれていくならば、結果として数がついてくると考えていたからです。ところが、ごく最近になって考え方が変わってきました。震災以来、いままで少し先延 Continue Reading →

コメントなし

戸羽市長のはなしから

 陸前高田市の戸羽太市長の「被災地の本当の話をしよう」という最新刊を読みました。新聞やニュースで断片的に伝わる話よりも、一人の人の向き合っていることを読むことで現実のありようをかいま見、震災直後以来久しぶりに涙が溢れてし Continue Reading →

コメントなし

「わたしはキリストのものだ」というとき

「わたしはキリストのものだ」というとき 「わたしは救われた!」と叫ぶのではない。 「迷って、この道にたどりついた」とささやくのだ。 「わたしはキリストのものだ」というとき 胸をはって誇るのではない。 つまずき、導きが必要 Continue Reading →

コメントなし

津波の跡地に立って(2)

 震災から5ヶ月経った石巻を訪れて不思議な違和感を覚えたのは、ファミレスで食事をしたときとホームセンターで買い物をしたときです。こっちと全く同じ店が、同じように営業していて、そこを訪れる人はごく普通の生活をしているいうこ Continue Reading →

コメントなし

津波の跡地に立って(1)

 石巻キリスト教会での奉仕の合間を縫って早朝、石巻と女川を訪ねてきました。すでにガレキが撤去され、臭いもなく、直後の生々しい傷というより、かさぶたが残った跡地ということばが当てはまるような光景でした。しかし、残骸として残 Continue Reading →

コメントなし

時代を見る目と私たちの願うこと

 建築家の安藤忠雄氏の講演を聴く機会がありました。その中で教えられたことがいくつかあるのですが、その一つは今の時代を見る目です。1980年代まで日本は戦後の復興から欧米に追いつけ追い越せと豊かな暮らしを夢見てきました。と Continue Reading →

コメントなし

歴史認識と神からの語りかけ

 私の歴史知識は中学生レベル。卒業以来、歴史を勉強する機会がなかったからです。中学校の歴史も近現代史は最後のおまけ程度。その後、学んだことも歴史の断片に過ぎません。先日、近現代史が専門の元山梨大助教授、現東大教授の加藤陽 Continue Reading →

コメントなし

嘆きに嘆かなければ

 早天祈祷会では、イザヤ、エレミヤ、哀歌と読み進んできました。不信仰によって国が攻められ、包囲され、滅亡していくその過程が赤裸々に綴られています。その中では、頼りにするべきものが何なのかを問われます。  北のバビロン、時 Continue Reading →

コメントなし

食べることは生きること

 長い間、痴呆の進んだ舅の世話をしている姉妹から久しぶりに電話があり、ひとしきり話し込みました。痴呆が進むと、夫や妻のことがわからない。息子や娘のこともわからない。世話をしてくれる人が誰か、それが記憶の片隅にある人に入れ Continue Reading →

コメントなし

まだいちじくの葉が必要ですか?

 最近つくづく思うことがあります。それは私たちが見聞きすること、表に表れることはほんの一部であって、隠されていて見えないことが少なくないといういうことです。表向きには体面を保っていること、あるいは体裁を繕っていることがあ Continue Reading →

コメントなし

グリーフワークと時間

 スイス生まれの女医であるキュブラー・ロスは200人の末期ガン患者にインタビューを行い、「死ぬ瞬間」という本にまとめ、ベストセラーとなりました。彼女によると、ほんとんどの人が共通する5つの過程を通ると分析しました。第一段 Continue Reading →

コメントなし

父であることは信じること

 自分が父親になってみて初めてわかったことがあります。母親はこどもを産んだ瞬間から、いや、それよりずっと前から母親なのです。こどもをお腹に宿したときから母親としての準備を始め、つわりから、徐々に大きくなっていくお腹。何を Continue Reading →

コメントなし

救われることはただあわれみ

 宮城聖書教会の田中時雄師のお話しを直接伺う機会がありました。教会は東松島市。Aさんが救出されたところから約800m。ほぼ同じ経験をなさったようです。黒い壁が押し迫り、必死で逃げ上がったところで助かる見込みはなく、周囲が Continue Reading →

コメントなし

大きなものほど精密なのです

 建造物は大きなものであればあるほど精密さが要求されます。明石海峡大橋の主塔は海面上約297mの高さがありますが、その建設は、大きなブロックを30段積み上げて作られています。一段の高さは約30m。そのブロックの合わせ面は Continue Reading →

コメントなし

指示待ちは何も生み出さない

 中井久夫「災害がほんとうに襲った時~阪神淡路大震災50日間の記録」みすず書房(インターネットで無償公開中)を読みました。震災時に精神科医として働いた記録です。  『初期の修羅場を切り抜けおおせる大仕事において有効なこと Continue Reading →

コメントなし

感謝を伝えよう〜母の日に寄せて〜

 母の日は1908年の一つの出来事に始まりました。米国のアンナ・ジャービスの母親は教会学校で献身的な奉仕をして天に召されました。記念会に呼ばれた娘は母を忍んでカーネーションの一束をささげ、年に一度母親への感謝を表すことを Continue Reading →

コメントなし

洗礼に与る意味を確認

 先週はT姉の洗礼式が行われました。主がここまで導いてきてくださった恵みをともに感謝しつつ、私たちがいただいている洗礼の意味を今一度確認しておきましょう。  教会には洗礼(バプテスマ)と聖餐の二つ聖礼典がであります。この Continue Reading →

コメントなし

失うことの悲しみと痛みと希望

 火曜の朝、教会へ来ると何かがおかしい。花壇のクリスマスローズがないのです。それは、私の育った家の庭で母が大切に増やしたものをもらってきたものです。2年ごしに可憐な花を咲かせ、毎日楽しみに見ていたのです。それが株ごと盗ま Continue Reading →

コメントなし

ことばにできない

 私の友人であり同労者であるT教会のK師が津波の被害のある教会への奉仕に行ってきました。行ってきたら報告をして欲しいとお願いしましたが、一向に報告がありません。わかってはいたのですが、電話を掛けてみると、思った通りでした Continue Reading →

コメントなし

ことばと心を理解しよう

 友人たちの会話。 「あの人は批判ばかりしている」と、批判ばかりしている人もいる。  動いてなんぼだと思います。動いてない人、結果出してない人は発言権はないかと。   みんな、言ってますと自分の言い分を言う人もいる。「み Continue Reading →

コメントなし

苦しみもひとりひとり違う

 月曜日に教会連合の牧師たち2チームに分かれて茨城の教会を訪問してきました。並行して震災から3週間、被災地の教会の声、ボランティアや奉仕の報告、支援団体や支援者の声、教会員の声、様々な立場の人たちの話を伺いました。その中 Continue Reading →

コメントなし

一番心が凹むのは

 「支援をしているときに、一番心が凹むのは、「名指しでの非難」だと感じます。 いま、一人一人が皆、「できる人が、できることを、できる限り」の心で動いていると思います。私も、金曜日以来、そのように考えています。  そのよう Continue Reading →

コメントなし

もし「ドラ」知っていますか?

 もし「ドラ」とは岩崎夏海著『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』という本のことで、次のような内容です。  高校野球部の女子マネージャーの川島みなみは、ふとしたことで経営書の名作ドラッ Continue Reading →

コメントなし

打ち込めることの幸い

 過日、音大を目指す高校生とお話しする機会がありました。彼は打楽器科を志望していますが、ピアノや声楽と違ってその中身を理解できる人はほとんどいません。私はかつてブラスバンドで打楽器をしていたことを彼は知っているので、話し Continue Reading →

コメントなし

総会では献身を新たに

 人の集まるところには、それが家族であっても、学校であっても、会社であっても必ず組織が生まれます。どんな組織でも三つの機能があると言われます。まず、仕事機能。目的を成し遂げることであり、教会にとっては礼拝と交わりと伝道と Continue Reading →

コメントなし

役員を選ぶ、委ねる

 初代教会最初の役員は次のように選ばれました。「兄弟たち。あなたがたの中から、御霊と知恵とに満ちた、評判の良い人たち七人を選びなさい。使徒6:3」ここには選ぶ人と選ばれる人と両方について書かれています。  選ばれる人には Continue Reading →

コメントなし

成人の日に覚える3つのM

 成人を迎えられた若い兄姉にお祝いを申し上げます。また、ここまで育ててこられたご両親とご家族にお祝いを申し上げます。今に至るまで多くの人たちの祈りと助けによって育てられてきたということを忘れてはなりません。そしてこれから Continue Reading →

コメントなし

トイレの神様?

 紅白歌合戦で初めて知りました。「トイレの神様」という歌が流行っていたことを。こんな歌詞です。  トイレにはそれはそれはキレイな  女神様がいるんやで  だから毎日キレイにしたら  女神様みたいに  べっぴんさんになれる Continue Reading →

コメントなし