会堂を考える

 私たちの教会の今の会堂が建てられたのは1983年のこと、それから36年が経ちました。その頃からすると、会堂の使い方もずいぶん変わりました。一番大きな違いは幼稚園のあるなしと高齢化でしょう。私たちはそれ程先のことまでを見 Continue Reading →

騒音と静けさと愛と

 引っ越しをしてから、新しい家はどうですかと聞かれることが多くあります。答えは「静かになりました」です。武田通りに面したセンターでは、絶えずクルマの音、通りを行き交う人の話し声が夜遅くまでしていました。それがないだけで静 Continue Reading →

母の日と花言葉

 母を呼ぶ言葉はたくさんあります。一番多く使われるのは、お母さんと英語由来のママでしょうか。その他に、ちょっと上品な「お母様や母上」、くだけて、「かあさん、おっかさん、おっかー」、「お袋」などなど。それぞれに、特別に意識 Continue Reading →

天皇の代替わりと偶像

 天皇が代替わりし、平成から令和へ元号が変わりました。一連の即位の礼、そして秋に行われる大嘗祭、そこには政教分離の原則から反対の意見も根強くあって、秋篠宮が皇族の行事として執り行う意見を述べたこともあり、興味深く見守って Continue Reading →

行間を覚えて

 今日は、年度の決算総会を行います。その総会の各種の報告をみるとき、それが統計の数字であれ、会計の決算であれ、諸報告であれ、表に表れる数字や報告が表すものとともに、その影に隠れて見えない行間にある様々なことに、また感謝を Continue Reading →

よみがえり、あきらめない

 「もう、ダメだ。もう、終わりだ。」そう思ったことはないでしょうか。十字架を前にして弟子たちは散ってしまいました。その後何をしていたのか福音書には記されていません。あの亜麻布を脱ぎ捨てて逃げた弟子はどこへ行ったのでしょう Continue Reading →

立ちなさい、さあ、行こう

 「立ちなさい。さあ、行こう」とは、マタイ26:46に出てくる、イエスの言葉です。この直前、イエスはゲッセマネの園で祈りをしていました。「わが父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしが Continue Reading →

認知症と家族と教会と

 母を病院に連れて行き、認知症と診断を受けたのが10月の終わりでした。その前から冷蔵庫の片付けができなくなり、それが玄関先までに臭いがするようになり、いよいよ専門的に診断が必要だと決断したのです。一番先に「お母さんおかし Continue Reading →