教会の悩みと信仰と

 先日訪問した父の従兄弟から自身の属する荻窪教会の50周年記念誌、80周年記念誌を頂戴しました。送ってくださったのです。ザッと目を通しただけでも、そこには長老・執事として記録に名前がずっと刻まれていることがわかりました。 Continue Reading →

ファミリーヒストリー

 私の父には兄弟がなく、10歳の時に疎開先の東仙台で母を亡くしました。祖父は戦後、転勤願いを出して、そこで家族揃ったのですが、父子家庭になって傷心で東京に戻ってきました。それを支えたのは親類たちです。とはいえ、私にとって Continue Reading →

おめでとう

 新年の挨拶は「おめでとう」ですが、「めでたい」というのはどのような由来なのでしょう。メデイタシ(愛甚)、メデイタシ(愛痛・感痛)、メデ(芽出)タシ、目ダツラシ、日出タシ・女出(天の岩戸伝説より)などが考えられています。 Continue Reading →