キリストの平和を心に

 「キリストの平和が、あなたがたの心を支配するようにしなさい。」(コロサイ3:15)のみことばをともに学んでから、ずっと心に響き続けています。一方、それに抵抗を覚えているのが、「我が思い」です。パウロが語る古い人が新しい Continue Reading →

「戸惑いを越えて」ルカ1:26-56

 マリヤへの受胎告知、それは「恵まれた方」「神から恵みを受けた」という御使いのことばでしたが、彼女には戸惑いです。ここに強調されているのは、「処女」ということばです。これより前も起こったこともなければ、これから後に起こっ Continue Reading →

「いきなりですか」ルカ1:5-24

 私たちはことが突然起こってことが変わると思っていません。私たちがしたようにことが動き、しなければことは動かず、自分の頭でコントロールできる範囲で物事は起こると考えています。ゼカリヤ夫婦には子どもがなく、すでに年を取って Continue Reading →

年中行事と教会歴

 今年は教会からがアドベント、待降節と呼ばれるイエス様の御降誕を喜び迎える時を過ごします。プロテスタント教会では聖書のみ、信仰のみと言って、暦などを歴史的に重要とは扱ってきませんでした。祝うのは主にクリスマスとイースター Continue Reading →

聖書に親しむために(5)

<使徒の働き3>  最初の教会はエルサレムで始まり、ユダヤ全土、サマリヤ、そして異邦人へと拡がります。そこで大きな壁となっていた壁が取り払われます。それはユダヤ人と異邦人の壁です。  ユダヤ人は自分たちこそが選びの民、そ Continue Reading →

聖書に親しむために(5)

<使徒の働き3>  最初の教会はエルサレムで始まり、ユダヤ全土、サマリヤ、そして異邦人へと拡がります。そこで大きな壁となっていた壁が取り払われます。それはユダヤ人と異邦人の壁です。  ユダヤ人は自分たちこそが選びの民、そ Continue Reading →

違いがあってもいい

 コロナの感染が劇的に抑えられ、感謝なことにここ2週間ほど県内の感染者ゼロです。これが一時的なもので第6波がくるのかこないのか、様子見の状態がこれからしばらく続くでしょう。こうなると一人一人が様々な対応と思いを感じるよう Continue Reading →